毎日休みがない子育て、お母さんたちが集まると

 

 

「うちの子のこんなことにイライラしてて」

 

 

「うちも言うこと聞いてくれなくて大変」っと悩みを話しあっている光景がありました。

 

 

 

悩みを共有しあえて、同じ立場のお母さんに共感してもらえると、「子育てのこの悩み、私だけじゃないんだ」っと感じ安心しますよね。

 

 

 

子育てで迷うこと悩むことは多いですよね、

 

 

 

今ここで許していいのか、そこを注意したほうがいいのか?っと、あとになってから怒りすぎたかな?あの時言うこと聞いてあげればよかったな、

 

 

 

なんて思うことが一つや二つではないと思います。

 

 

 

よく「子育てに正解はない」というけれど、私も本当にそう思います。

 

 

 

私も初めての子育てで、きちんとした大人に育てなくては!なんて肩に力入りすぎで、いつも子供にきちんとしなさい!っと思ってばかりで全然子育てが楽しめていないときがありました。

 

 

 

そして毎日の子育てに追われる日々にイライラして、

 

 

 

つい怒鳴ってしまって、そのあと落ち込む毎日を送っていました。

 

 

 

なんで他のお母さんたちは楽しそうなのに私は楽しくないんだろうっと。

 

 

 

私の心の中では子育ては楽しくない事ばかりだと思い込んでいたのです。

 

 

 

そして子供に怒鳴ってしまった後に

「もうこんな毎日は耐えられない」「こんなイライラする気持ちから抜け出したい」っと、

 

 

 

どうしたら子育てが楽しくなるのか考えないと!っと思ったのです。いろんな子育ての本を読んだりしました。

 

 

 

でも本を読んだ直後は気持ちは前向きになって明るさを取り戻すのですが、しばらくすると、またいつものイライラが出てくるし、

 

 

 

考え方を変えるにはどうしたらいいのかまた考え始めました。

 

 

 

でも考え方を変えるなんてむずかしいことは分からないし、続かない、かんたんで、楽なのがいいなっと思いました。

 

 

 

誰だってむずかしいことより、かんたんなほうがあるなら、かんたんを選びますよね、

 

 

 

私は気持ちが明るくなるにはどんな時か?っと自分に聞きました。

 

 

 

それは

「うれしいとき」「子供が好きって言ってくれた時」「子供が自分のことよりも私のために何かしてくれた時」「子供の思いやりを感じた時」

 

 

 

など気持ちが明るくなることって書きだしてみると意外と多いと気が付いたのです。

 

 

 

普段は子育ては嫌なことばかり意識がいっていましたが、

 

 

 

子育ての中の気持ちが明るくなる時って気づけばこんなにもあったんだ!っと気が付きました。

 

 

 

そして時々子育てに疲れたなっと思ったときには、子育てのうれしいこと、たのしいことをノートに書いています。

 

 

 

それだけで子育てがんばってきてよかった!とも思えるし、

 

 

 

これからも子育てうれしいこと、楽しいこと何があるんだろうと楽しみなものに変わりました。