自分に家事を手抜きしても OK を出せますか?

 

あなたは家事はきちんと

やらなければいけないなんて思い込んでいませんか?

 

 

 

もしかしたら

その思い込みを外したらあなたの

イライラはぐっと減るかもしれませんよ。

 

 

 

いつも子供が部屋を散らかして

イライラする。

 

 

 

ちゃんと子供のために

ご飯を作らなければいけないと思っている。

 

 

 

まずはスーパーに行って、何を買おうか迷いながら献立を考えている。

 

 

 

サラダや肉や魚バランスよく毎日同じにならないように味付けなんかも気をつけている。

 

 

 

そして食材を買ったら家に帰って冷蔵庫に食材を入れたり

そして一息つく間もなく次の家事をやらなければと思っているところに

 

 

 

子供から遊んでと言われてしまうと家事を優先したくて、イライラしながら、「後でね」なんて言ってしまったりしていませんか?

 

 

 

本当は子供に構ってあげなければいけないとわかっている!でも家事をきちんと終わらせたいし

 

 

 

もう何だかイライラすると、思っていませんか?

 

 

 

それなら家事は後回しでもいいんじゃないですか?
 

 

 

「いや、それはちゃんとやらなきゃいけないことだから」
 

 

 

「やらなきゃいけないって誰が決めたことですか?」 

 

 

 

ちゃんとやらなかったらどうなるんですか? 

 

 

 

そんなことしたら部屋の中もぐちゃぐちゃになっちゃうし 

 

 

ご飯だって食べるものがないし生活が出来なくなってしまいます。

 

 

 

確かに本当に何日も、何もかもやらなくなると生活がしづらくなりますね。

 

 

 

だけど1日くらいやらなくてもなんとかなるものもいくつかありますよね。

 

 

 

例えば掃除でも1日くらいやらなくったって

おもちゃがあちこち散らばってたっていいや!っていう日も作ってもいいと思いますよ。

 

 

 

おもちゃはきちんと片付けなければいけないなんて 

 

 

 

考えに縛られていると毎日毎日おもちゃを片付けなさい!

と子供に言ってばかりになってしまい疲れてしまいますよね。

 

 

 

ご飯だって手作りじゃなくても

 

 

 

どこか安いファーストフードで済ませてしまったりしてもいいんじゃないでしょうか?

 

 

 

たまに利用するな子供も楽しくて良い経験になりますし 

何よりお母さんにとって夕ご飯とこ作らなくて済むというのは

とっても楽なことですよね。

 

 

 

夕飯を作るときだったとしても

ちょっと疲れている時だったら、無理に品数を増やそうとしなくても大丈夫ですよ。

 

 

 

さすがに毎日手抜きばかりで何もしないのは、生活が乱れてしまうと思いますが

 

 

 

家事に対してイライラしているのならあなたは家事を頑張りすぎかもしれませんよ。

 

 

 

「手抜きをしても誰も怒りませんよ」

 

 

 

誰かに怒られる気がすると思っているならそれは「自分自身」かもしれませんね。

 

 

 

「手抜きをする自分が許せない」と

 

 

 

一度自分に手抜きしてもいいやとOK を出してみてください。

 

 

 

そうすると焦っていた気持ちがなくなって、こころに余裕をもって子供と話し合うことができますよ