子供がちゃんと言うことを聞いてくれなくて、いつも困っているイライラしているそんなあなたにお伝えしたいことがあります。

 

 

 

あなたの子育てのイライラは一体いつから始まりましたか?

 

 

 

子供を産む前の妊娠している時
お腹の中に子供がいた時はあなたは子供に対してイライラしていましたか?

 

 

 

 

 

 

おそらく、夫や周りの人にイライラすることがあったとしても子供に対してはイライラすることはなかったですよね。

 

 

 

「ちゃんと大きく健康に育ってほしい」

 

 

 

そんな風に願いながらあなたは、
、赤ちゃんのためにと栄養のあるご飯を食べていませんでしたか?

 

 

 

私も妊娠中はつわりが一時期ひどかったりしましたがおなかの中にいる赤ちゃんのためにと、

 

 

 

野菜を食べたり、魚を食べたり,本を読んで何が赤ちゃんの栄養になるのかを調べたり

 

 

 

できるなら赤ちゃんは健康に産まれてきてほしいそのためにできることなら何でもやろうと思って頑張っていました。

 

 

 

そうして自分がこんなに子供のために頑張っているんだから
 

 

きっと私の子供も「私に対して何か頑張ってくれるはず」 

 

「きっと私のこの気持ちは伝わっているはず」
 

 

 

そんなふうに今思うととても間違った考えを持っていました。

 

 

 

私のおなかの中にいるんだからきっと私と同じ考えをするはず

 

 

生まれてくる子供はきっといい子なはず

 

 

(いい子っていうのは私の言うことをちゃんと聞く子供のこと)

 

 

 

そう妊娠中にはまだ生まれてきてから子供がどんなふうに育っていくかなんて想像もしていませんでした。
 

 

 

きっとそんなにわがままを言ったりしないし、

 

 

 

きちんとおとなしいいい子に育っていくんだろうななんて期待をしていました。

 

 

 

だけど産んでみてしばらく経つとなんだか夜中に何度も泣き出すしミルクもちゃんと飲んでくれないどうしてなの?

 

 

 

思い通りになると思っていた子育ては全く思い通りにならないものでした。

 

 

 

子供も少しは自分でできるようになっても

 

 

 

朝から子供にあしなさい、こうしなさいと言っても 

 

 

なかなかやろうとしない何度も言ってやっとやりだす。

もうどうして毎日毎日同じことを言わせるの!?

 

 

 

一度何も言わないそっと見守ってみようと思っても

ついつい放っておいたら本当に何もできないのではないかと不安になってしまい。

 

 

 

やっぱりいつものようにガミガミと先回りしてあれしなさいこれしなさいと言っている自分がいました。

 

 

 

こんなふうに毎日怒ってはいけないと分かってはいるけど

つい息子の将来が心配で心配で何かやってあげなければと思って毎日言ってしまう私でした。

 

 

 

どうしたらもっと気楽に楽しく子育てができるんだろうと思っていたところ

 

 

 

自分の気持ちひとつで、
きっとこれは楽しくも捉えられるし悲しくも捉えられることなんだから、

 

 

 

どうしたら楽しいって思えるかを考えなきゃと思い始めました。

 

 

 

いつも子供に同じ注意をしてそのイライラが

どんどん溜まってしまうからまずそれをどうにかしなきゃいけないなっと。

 

 

 

本当はそんなイライラしてしまう原因とか見たくもないし考えたくもないだけど

 

 

 

ここでしっかり原因を見つけないとまた毎日イライラしたり悩んだりの繰り返しだから

 

 

 

ちゃんとここは原因を見つけようと思いました。

 

 

 

まずは頭の中で考えていても次から次へと

あれもこれもって不満やイライラする原因みたいなものがいっぱい出てきてまとまらなくなってしまう。

 

 

 

だから私は紙とペンを用意して、

 

 

 

まずどうして子供に対してイライラしてしまうのかを書き始めました。

 

 

 

書き出すともうては止まらなくて些細なことから

何でもないことまで、私は嬉しいことに対してもイライラしてしまっているんだなと気づくことが多くありました。

 

 

 

嬉しいこととは子供がせっかくお料理を手伝ってくれたのに 

 

 

なかなか料理が進まなくなって、もう大丈夫だよ! 

 

 

ときつく言って料理をすることから子供を遠ざけてしまったこと、

 

 

 

子供が何か嬉しいことがあって私に教えてくれた時も 

イライラしながら今お母さん忙しいから、もうちょっと後にしてくれる?

 

 

 

っとお母さんに教えたいという子供の気持ちをないがしろにしてしまったこと、

子供は何一悪気はないことなのに

子供がすること全てイライラしてしまうということに気がつきました。

 

 

 

じゃあどうして全てにイライラしてしまうのか?

 

 

 

と自分に何度も何度も問い続けその理由を紙に書き続けました。

 

 

 

出た答えは「子供のことが心配だから」です。

 

 

 

確かにいつも子供のことを心配するがあまり

 

 

 

とてもイライラして神経が過敏になっていたと気が付くことができました。

 

 

 

じゃあどうしたらその心配を減らすことができるのか
と自分の中に問い続けました。

 

 

 

それは「子供を信じる」ということでした。

 

 

 

子供が何かうまくできない時があったとしてもそれをきちんと見守って受け入れること。

 

 

 

でも子供がうまくできない時に見ているだけなんてとても心配でそんなの「私が不安で仕方がない」

 

 

 

そう、実は私は子供の心配よりも自分の不安を少しでも和らげたくて 

 

 

 

子供にあれこれと世話を焼いて私が不安にならないようにイライラしていたと気が付きました。

 

 

 

こうやって自分の感情と向き合うのはちょっと辛いかもしれないけれど

 

 

 

でも原因がはっきりわかると「そうだったのか」と納得できて

 

 

 

またその場面になった時に

 

 

 

私が不安になりたくないから子供に怒っているんだなと冷静に自分を見つめることができて心を落ち着けて
 

 

 

子供のやることを、見守れるようになりました。

 

 

 

悩みを冷静に分析して確認してみると意外なものが原因だと分かることがあります
 

 

 

私は子供が心配だと言っていたけど本当は自分が不安になりたくなかったということが原因でした。

 

 

 

是非あなたも何か毎日悩んでいることがあるなら紙に自分の悩み事を書いてみるといいかもしれませんね。

子供への不安がなくなると今の子育てが楽しめるようになりますよ。