子供が泣いているとき、あなたはどう感じていますか?

 

子供に振り回されてばかりで自分の時間がなくて

 

 

イライラしてしまって、子供に当たってしまう

 

 

「子育ってこんなにも自分の時間がなくなってしまうもの」だなんて思わなかったという方が多くいらっしゃると思います。

 

 

 

私もその一人でした。子供を産んだら笑顔でいつもニコニコして優しいお母さんとして

子供を育てるんだろうななんて夢を描いていましたが、現実はとても大変なものでした。

 

 

 

まず最初に「こんなに泣くなんて思わなかった」

 

 

このまま泣かせておいていいの?

それとも泣き止むように何かあやしたり抱っこしなければいけないのかな?

このまま泣かせておくにしても泣き疲れちゃったり、寂しい思いをさせてしまったらいけないな、と思ったり

 

 

 

き止ませようと抱っこして、抱きしめたり、歌を歌ってみたりしても全然泣き止んでくれなくて

焦ったりして、ますますどうしていいか分からなくなって、

 

 

 

インターネットでどうしたらいいかを検索してみても

そのまま泣かせてもいいだとか、泣き止ませる方法は赤ちゃんの横でレジ袋をカサカサさせるといいからというのを見つけて、行ってみてもなかなかや泣き止まない

 

 

 

おもちゃを与えても、あまり興味を示してくれない、そして泣いてしまう時

どうしていいかわからずオロオロハラハラドキドキそんな毎日を繰り返していました。

 

 

 

そして唯一自分が自由になれる時間といえば子供がお昼寝したときや夜眠った後その後に溜まっている家事をこなしてやっと自分一人の時間が持て

その時できることと言ったらテレビを見たりインターネットをしたり家の中でできることしかありませんでした。 

 

 

 

子供を連れて出かけようと思っても、オムツやミルク子供のための荷物がたくさんあるし電車やバスなどの移動になると
途中で「泣いたらどうしよう」と思うと
自分一人だけならいいけど周りの人にまでうるさいなぁと思われてしまうと悪いし、つらい。

 

 

 

ますます外に出かけられないし、

子供ができる前はどこへだって行けたのに何をするにも自分の思い通りに日常生活送れていたことが

 

 

 

子供ができたことによって何もかもができなくなってしまったように感じてしまって

 

 

 

そこで本当は気付きたくない認めたくないことだけど「子育てって本当はこんな大変だったんだ」

ということに産んでから気づくことがありました。

 

 

 

気づいてしまったてからはもう本当に辛い毎日、

子育てって、「こんなにめんどくさかったんだ知らなかった」確かに子育ては大変だっていうのは

 

 

 

産む前からよくテレビで見たりして子育ては大変だけど「この子の寝顔を見るだけでとっても元気が出るんです」っと笑顔で言ってる人を見て

 

 

 

私もきっとそうなるんだろうなあなんて思っていたのに現実は思っていた以上に大変だったんだなぁと実感してこんなふうに「大変だ」と思うなんて私は子供に対して愛情が少ないんだろうか

こんな愛情が少ない母親なんてダメな母親店なんて思い込んだり

 

 

 

そして休む間もなく、また毎日子供が泣いてしまったりして

 

 

 

つい子供に「もう泣かないでよ」なんて怒鳴ることもありました
 

 

 

そうやって子供に泣かないでなんてとなったところで泣き止むはずもないし余計に大きな声で泣いてしまうもの

そんな時は私も泣いてしまって途方に暮れる毎日

 

 

 

子育ての雑誌を見ていると、お母さんたちはおしゃれをしている、家事をちゃんとやっているし楽しそうに子育てしているなあ
余計に落ち込んでしまって
 

 

 

うちの子は健康だし、育てる環境も整ってる、だけど泣かれると、どうしていいか、分からない。

 

 

泣かれるともう悲しくてイライラして子育てが正直つらい。

 そんな時出会ったのが魂のワークでした自分の感情を解放するというものでした

 

 

 

子供に対して自分の思い通りにならないならなくてイライラする気持ち悲しい気持ち
 

 

 

そんな感情を解放してもらったら気持ちがスーッと楽になりました。

 

 

 

それから子供がぐずったり泣いたりしても以前のように感情がすぐにカッとしてイライラしたり悲しくなることが大幅に減りました。

 

 

 

そしてイライラや悲しみに邪魔をされて見えなかった自分の本当の本心が見えるようになってきました

 

 

 

子供が泣くと自分が責められているように感じていたのです。
 

 

 

子供が泣くだけで「ダメな母親なんだ」と落ち込んでいた日々は
 

 

 

泣いている子供から「自分を責めている」と勘違いして起こっていたんだなと気づけるようになりました。

 

 

 

そう子供はただ泣いているだけ

 

 

 

そこにお母さんがダメな母親だからという意味は全くない。

 

 

 

ただ子供は伝えたいだけだったんです

 

 

「お腹が空いている」
 

 

「オムツが濡れてて気持ち悪い」
 

 

「何かかまってほしいな」
 

 

「暑いよ」「寒いよ」
 

 

「おなかが痛いよ」

 

 

この中にお母さんを責める意味なんてひとつもなかったということ

 

 

 

もちろん子供が泣いてずっと放っておいたらいけないことだと思います。

 

 

泣いていることに対して「何とかしてあげたい」という気持ち
 

 

それだけで子供にとって十分愛情を注いでいる「ダメな母親なんかじゃない」と気が付きました。

 

 

 

自分は子育てで子供に対してこんなにイライラしてしまっている
 

 

 

「自分はダメな母親だ」
 

 

「あのお母さんの方がいい子育てをしている」
 

 

「毎日子供に怒ってばっかりで疲れてしまう」そんなお母さん達自分をもしかしてダメな母親だとか自分を責めたりしていませんか?
 

 

あなたは子供に対して何かしてあげたいと思っているだけで、
もう十分いい母親ですよ
 

 

ダメなお母さんでもないし、自分を責めたりしなくてもいいんですよ。

 

 

みんなそうやって自分の子育てはこれでいいのかと悩んでいるものだし
 

 

子育てで、どれが正解か不正解かというのありません。

 

 

私が思うのはただ一つ子供が幸せに育ってくれたらいいなと願う気持ちその気持ちだけあれば
毎日イライラして怒ってしまっても

 

十分良いお母さんだと思いますよ。

 

 

 

それでも毎日怒ってしまってイライラして悲しい苦しい、つらい、どうしていいかわからない

そんな時には私にご相談してくださればと思います。

 

 

 

子育てに対してイライラしたりしていると、本当のあなたの感情が分からない場合が多いのです。
 

 

 

子育てでイライラしてしまう原因さえわかれば、

あとは、その原因を手放ししまえばいいんです。それから子育てがだんだんと楽しいものになっていきますよ。