「夫源病」の根深い原因は潜在意識にある?

夫源病にサヨナラ!

「苦しいほど夫がストレス」を根本から解消して、自分の望む夫婦関係を作っていく

メンタルカウンセラー 小澤典子です。

 

「夫源病」になる人はどの世代が多いと思いますか?

 

定年退職をした夫がいる家庭だとして60代以上かなっと思う方が多いかもしれませんね。

 

しかし今は、私がカウンセリングする中で夫源病だと感じる世代は早いと20代から夫源病の症状がみられます。

 

上沼恵美子さんも夫源病と診断されていた

主な夫源病の症状は夫の言動に対して起こります。

 

動悸、吐き気、息切れ、めまい、胃のもたれ、食欲不振、生理不順、生理痛、不妊、

 

肩こり、腰痛、精神的に苛々したり、落ち込んだり、自分を責めたりなど、うつ病。

 

夫によるストレスで自律神経の乱れとホルモンバランスが崩れるので、心身に不調が出はじめます。

 

夫源病の症状が出やすいのは、「夫が帰宅する夕方から」または「夫がいる家に帰宅する時」

 

体が重たく感じたり、気持ちが暗く落ちこむ。

 

逆に、夫が仕事や用事で家を留守にして、いない方が体の調子も良く、気持ちもほっとして落ち着くなら夫源病だといえます。

 

タレントの上沼恵美子さんも最近、夫源病で旦那さんとは別居中だと報道されていました。

 

テレビではあんなに他所の夫婦関係などにも言いたいことをズバズバいう方なので

 

まさか上沼恵美子さんご自身が夫婦関係にストレスを抱えられていたのかと驚きました。

 

上沼さんは仕事を第一線で活躍しながらも

 

朝は家事をしっかりされてからお仕事に向かって、亭主関白な旦那さんに尽くしていたそうです。

 

ですが上沼さんは体調不良を訴え、病院でカウンセリングを受けたところ夫源病と言われ、結婚41年目で別居されたそうです。

 

その旦那さんは早期退社をされても、家事も一切手伝わず、上沼さんが熱で寝込まれてるときに

 

旦那さんから「夕ご飯はどうなる?」と言われ

 

上沼さんは「夫婦の生活がストレス」と周囲に漏らすまでに。

 

そして2013年に自律神経失調症を患い、翌2014年にはウイルス性の急性肝炎で緊急入院されています。

 

いずれもストレスによってかかりやすくなる病気です。

 

若い夫による「夫源病」の原因とは?

定年退職をした亭主関白な夫だけが夫源病の原因ではありません。

 

夫源病の引き金になる夫の行動

 

  • 何度言っても部屋を散らかしたり、だらしない姿でいる 

  • お金を浪費したりギャンブルに使う 

  • 家事を手伝わないが口は出す 

  • 「ありがとう」「ごめんなさい」はほとんど言わない 

  • 自分の行動には甘くて妻に厳しい 

  • 家族を養ってやってると思っている 

  • 周囲からは「優しい夫」「イクメン」と思われている

  • 言葉に思いやりがなく上から目線の発言が多い 

  • 妻が一人で出かけるのを良く思わない 

  • 車の運転が乱暴で他の車の運転に文句を言う

  • お酒を飲むと愚痴や暴言が増える

  • 自分本位なセックスやセックスレス

 

こういった夫の言動が積み重なってくることによって

 

夫を信頼できなくなり、愛情も冷め始め、心身共に悲鳴が出はじめます。

 

私も過去はこんな思いでひとりで泣いていました。

 

本当は夫を信頼していたいし

 

愛情も持っていいたい

 

どんどん気持ちが覚めていくのも悲しく、寂しいと感じている

 

でも、私がこんなに苦しくて、がんばってること

 

いつか分かってくれるんじゃないか?

 

これだけ耐えていたら変わってくれるんじゃないか?

 

そんな期待を捨てきれず、つらくても平気な顔をして

 

家事をして子供に接して

 

だけど心は苦しくなるばかりで、夫は全然変わらない

 

変わらないというより、もっと悪くなってるんじゃないか

 

それは認めたくない

 

だって、今まで一人で不満を抱えて頑張っていた苦労が無駄になってしまう気がする。

 

でも気づけばもう気持ちが冷め始めて何年になるだろう…。

 

これから先はいったいどうなるんだろう。

 

この人が家にいるだけで気持ちが落ち込む

 

でも子供にはそんなこと気づかせちゃいけない

 

笑顔で接してあげないといけない。

 

でもイライラして自分の感情がコントロールできなくて

 

子供にさえも当たってしまったことも

 

なんて私はダメなんだ…。

 

自己嫌悪と結婚に対する後悔

 

それでも過去に戻ることなんてできないからひとりでがんばらなきゃ…。

 

ストレスからか甘いものを一度にたくさん食べることを繰り返していました。

 

胃もたれで気持ち悪くなるし、吐きたくなる。

 

痩せたいのに痩せれない。

 

こんなに食べてはいけないと思っていても食べずにいられない

 

我慢ができなくて情けない自分だった。

 

毎日が不安、不満、絶望、孤独、ストレスを抱えて生きていて

 

甘いものを食べてる瞬間はストレスを忘ることができました。

 

今思い返せばそれは夫源病でした…。

 

そんな出口のない深い闇の中にいるような私を救ってくれたのが

 

魂のワーク®でした。

 

心の底からつらいと感じていたストレスが数分でスーッと

 

頭の中から消えてしまったんです。

 

つらい出来事を思い出しても、つらいことだけが消えて何も感じない。

 

私はいったい何がつらかったの?

 

そんなふうに潜在意識からストレスだけクリアになって

 

その場で心も体も軽くなり

 

やっと未来への希望が見えたのを今も鮮明に覚えています。

 

毎日のストレスは潜在意識に悪影響を与えています。

 

ストレスでいっぱいの潜在意識では

 

不安、不満、絶望、孤独、などのネガティブな感情しか感じれなくなり

 

負のループから抜け出せなくなるのです。

 

夫源病は潜在意識からストレスをクリアにすることで抜け出すことができますよ!

 

自分の心の奥にあるストレスを手放してみましょう。

 

それでも何をしても解消できない、どうしていいか分からない。

 

そんな時ははプロのカウンセリングを受けたほうが早く解決できるかもしれません。

 

皆様の毎日に、心から溢れる笑顔が訪れますように・・・。

 

愛と感謝と祈りを込めて・・・ 。

 

友だち追加カウンセリングは電話・ZOOMのみの対応となります。

通話料はかかりません。お気軽にどうぞ!※勧誘など一切無しです。
 
 
 
 
全国どこでも対応しています・夫現病遠隔専門サロン  ココロハレル
 
 
 
カウンセリング