夫が家にいるのがストレス「夫源病」の対処法とは?

夫源病にサヨナラ!

「苦しいほど夫がストレス」を根本から解消して、自分の望む夫婦関係を作っていく

メンタルカウンセラー 小澤典子です。

 

世間には、夫が家にいるとイライラしたり

 

夫の言動にストレスを感じて心身にダメージを受けているケースが増えています。

 

「夫が家にいるのかストレス」そんな症状は「夫源病」「主人在宅ストレス症候群」と呼ばれます

 

結婚するときは「病める時も健やかなるときも手を取り合い、愛を誓います」と言っていたのに

 

あの時の気持ちは一体どこに消えてしまったのだろうと悩み、苦しみ

 

結婚生活が長くなるほどお互いすれ違いや、コミュニケーション不足、思いやりがなくなって

 

子供が成人したら離婚したいっと考える夫婦が増えてきています。

 

確かに夫がいるとストレスだけど、離婚まで考えていないし関係ないと思っている人ほど

 

数年後に精神的な病気や入院するほどの病気が現れることがあります。

 

そこから夫婦不仲になり離婚に発展する場合も。

 

そんな最悪のケースを回避するためには

 

夫源病の対処法を知ることです。

 

実際にあったケースをもとにお話をしますね。

 

夫が家にいるだけでイライラして子供にきつく当たってしまう

 

結婚8年目のAさんは小学1年生の子供を持つフルタイムのパートで働く主婦。

 

旦那さんとは友人の紹介で知り合い、1年後に結婚。

 

子供が生まれるまでは仲は良いほうでいろんな場所によく出かけたりしていましたが

 

子供が生まれてからは旦那さんは

 

休日は寝てばかり、家事と育児は自分からはまったくしようとしない。

 

家事に仕事に育児にやることがおおくて大変なのに

 

話を聞いてほしくても夫は家で寝ていてそんな寝顔を見ているとイライラがたまるばかり。

 

夫が家にいるときは子供に対してもきつく当たってしまい

 

最近は肌も荒れも治らないし肩こりで肩回りが痛くて、体全体が重たくて朝起きるのがやっと…。

 

本当にどうしていいかわからず自己嫌悪になるばかりの日々。

 

 

「夫源病」を防ぐための対処法

このように、夫が原因で心身が不調になって悩んでいるかたは少なくありません。

 

夫に対するストレスが原因でこのような「夫源病」に知らないうちになってしまうのです。

 

「夫源病」は大阪樟蔭女子大学の石蔵文信教授が循環器医師として長年、中高年夫婦の患者さんを診察する中で気づき、命名したものです。

 

私のカウンセリングを受けられる女性たちも

 

「夫が休日の土日のはすごく疲れます」

 

「夫の好き勝手な言動に我慢できないほどイライラしてしまいます」

 

そんなふうに夫の存在自体がストレスになっているようです。

 

そんな女性たちに共通することは

 

がんばりすぎることだったりします。

 

相手のために尽くしすぎたり

 

嫌われないように

 

不満があっても「ガマンすることをがんばったり」

 

そのために、夫に対するストレスがたまって

 

夫にイライラして子供にも当たって、自分の心も体も苦しくなっていく

 

そんな負のループに入っていきます。

 

対策としては、夫に対する不満を少しずつ伝えて話し合うことです。

 

言い方として「どうして手伝ってくれないの!」というと相手は否定されていると感じて、うまく伝わらない。

 

「あの時は手伝ってくれなくて悲しい気持ちになった、だからそんな時、こうやって手伝ってくれたら助かる」

 

その時の出来事+どう感じたのか+これからどう行動してほしいのか

 

こう伝えたほうが男性からすると解りやすいです。

 

感情のままに、どうして分かんないの!っと叫びたいのも分かります。

 

でも、それだと男性は、どうして、何に怒ってるのか分からなままです。

 

最初はうまく伝えれないと思います。

 

けんかになってしまう場合もあるかもしれないけれど

 

けんかも立派なコミュニケーションのひとつです。

 

そうなるのが怖いと思って何も言えずガマンを選ぶと

 

あなたの心身が病んでしまいます。

 

そうなる前に本音を言い合える関係を作っていきましょう。

 

カウンセリングを受けられたAさんも本音を伝えることに恐怖を感じていました。

 

魂のワーク®で魂=潜在意識から「恐怖」と「夫に対するストレス」を浄化させていただくと

 

Aさんは「夫に対して怖いって気持ちがなくなりました!これで思ったこと言えそうです!」

 

と明るい声で答えられて

 

翌週Aさんから、うれしい報告をいただきました。

____________

夫に対して思っていたこと全部言ってしまいました!

でも予想していた反応とは逆で、ごめんねって謝ってくれて

これから手伝うし悩むことあったら言ってね、って言ってくれたんです。

すごい嬉しかったです!

夫の優しさも久しぶりに感じることができて

これからまた仲良くやっていけるかもと期待が持てました。

朝も起きてから体が軽く肌荒れもどんどん良くなってきています。

カウンセリング受けてなかったらまた週末はイライラしっぱなしで疲れているところでした。

ありがとうございました。

__________

Aさん、ありがとうございます。

 

これから旦那さんと楽しくお互いを支えあっていけるといいですね。

 

私たちは、人間関係で言いたいことが言えなくなってしまうことがあります。

 

嫌われたくない

 

怒られたくない

 

見捨てられたくない

 

悲しみたくない

 

魂がそう感じていると言えないんですよね。

 

言わないでがんばって一人で耐えているほうが、傷付かないって分かってるから。

 

でも耐えるのも限界がある。

 

耐えていても楽しくなんてない

 

ぜんぜん良くなっていかない

 

そうこうしているうちに、どうしていいか分からなくなる。

 

身動きできなくなって

 

苦しくて、悲しくて、怒り、不安、焦り、諦め、寂しさ

 

いろんなストレスに押しつぶされそうになってしまう。

 

そうなると、こうしたほうがいいよってアドバイスも聞こえない、できない、無理って思ってしまう。

 

もう何をしたってダメだ

 

ずっとこのストレスと一緒に生きていかなきゃいけないのかもしれない

 

いやだな、苦しいな、仕方ないのかな、なんでこんな人生なんだろう…。

 

そう思うかもしれない。

 

そんなときこそ、魂のワークなら

 

魂からストレスを解放浄化できるから

 

Aさんのように相手の反応を気にすることがなくなり

 

自分の本音を素直に伝えることができます。

 

ココロハレルのカウンセリングで

 

「苦しいほど夫がストレス」を根本から解消して

 

自分の望む夫婦関係を作っていきませんか?

 

皆様の毎日に、心から溢れる笑顔が訪れますように・・・。

 

愛と感謝と祈りを込めて・・・ 。

 

友だち追加カウンセリングは電話・ZOOMのみの対応となります。

通話料はかかりません。お気軽にどうぞ!※勧誘など一切無しです。
 
 
 
 
全国どこでも対応しています・夫現病遠隔専門サロン  ココロハレル
 
 
 
カウンセリング