仕事が多忙で離婚宣告

仕事の多忙という理由で離婚宣告

 

仕事が忙しくすれ違いが重なり離婚問題に発展してしまうことがあります。

もしかして相手に「早く帰って来れないの?」「休みはどこかに行きたい」「家族の時間をとってほしい」
と仕事よりも一緒に過ごしてほしいと要求したことにより

仕事量を減らすことができず、要求ばかりされると仕事に対する理解がないと感じますし
仕事を頑張るほど責められているように感じて「離婚したい」と言い出します。

 

朝早くから深夜まで忙しく仕事をする人は責任感が強く仕事に一生懸命。

そんな夫を支える妻になっていくことで夫婦関係は修復できますよ。

仕事が忙しい夫への対応を参考にしてください。

 

仕事が忙しい夫との夫婦関係を修復するには

 

夫の仕事を応援する

夫が仕事を一生懸命しているなら、「応援してるよ!」と伝えましょう。
もしこの先、夫が起業する、転職することになっても反対せずに応援することです。

この時お金のことや心配事を夫に伝えると夫のやる気を削いでしまいます。

妻の応援があるからこそ、頑張ろうというやる気が沸いてくるのです。

  

何時に帰って来ても夫に嫌な顔を見せない

毎日終電でや深夜に帰宅する夫を「お疲れ様です」という気持ちでおかえりなさいと伝える。
深夜までのお仕事は本当に精神的にも肉体的にも疲れます。

家族のために頑張ってくれているんだと思えば優しい対応ができ

優しい言葉と料理で夫の疲れもいやされていきます。

 

休みがなくても不機嫌にならないこと

楽しみにしていた夫の休みに、仕事が入ってしまったとき不機嫌になってしまう気持ちもわかります。

家族みんなで出かけておいしいものを食べたり楽しみたいものがあったのだからがっかりしてしまう。

だけど夫も好きで仕事に行くわけではないし、家族のために仕事に向かうということを理解してあげること。

休日に出勤するとき笑顔で行ってらっしゃい!と送りだすといいですよ。

 

夫の身の回りの世話をする

夫の仕事が忙しいのに、妻は朝起きられない、部屋の掃除もできず
夫のYシャツにアイロンがかけれていない、食事もレトルトが多いだと
夫も家事の負担がかかり不満がたまります。

子供が小さかったり、自分も仕事が忙しい場合は仕方ないのですが
夫が何も言わないからと甘えているばかりでは夫の心は離れてしまいますよ。

 

お互いに思いやりを持って疲れを癒しあう

夫が忙しく働いてやっと家に帰り、ほっとしたいのに

妻からは思いやりのない言葉ばかり言われたら家に帰りたくないと思うのは当然なこと。
夫の疲れた心と体を癒してあげられるのは妻なんです。
はじめは「おかえりなさい、いつもお仕事お疲れ様」と伝えることからはじめていきましょう。

カウンセリングではあなたにあったアドバイスをお伝えしています。
夫婦関係を修復したいと思った時が相談のタイミングです。

お悩みお聞かせください。

 

離婚したくない  /  メニュー

▶離婚したくないTOP      ▶離婚したくない気持ち  ▶離婚回避をするための行動
▶パワハラ・モラハラ      ▶セックスレスの問題   ▶パートナーの浮気問題
▶子供の養育費問題       ▶両親に離婚の相談    ▶パートナーへの思いの伝え方
▶修復するための心構え     ▶説得をする問題点    ▶別居中にする行動
▶パートナーの浮気が発覚した時 ▶お金の問題を解決    ▶親に相談する時の注意点
▶相手の気持ちが分からない   ▶円満調停にするには   ▶子供への悪影響 
▶仕事が多忙で離婚宣告された  弁護士への相談               ▶相手へ謝罪の手紙の書き方

 

一人で悩まないで今すぐご相談を

カウンセリングのお申込みはこちら

お問い合わせ

050-3577-8064
 
※カウンセリング中は出られませんので
留守番にお名前とお電話番号のメッセージを残して頂けましたらこちらからご連絡させて頂きます。

LINEからもお問い合わせ・ご予約も受付中!

友だち追加