相手へ謝罪の手紙の書き方

夫婦関係を修復する手紙の書き方

夫婦関係を修復したいと思っていても、パートナーに謝罪や感謝の言葉を伝えようとするのは
恥ずかしくて出来ないという方は大勢おられます。

その場合はその思いを手紙に書いて伝えましょう。
LINEやメールよりも、自分の気持ちをかいた手紙のほうが気持ちが伝わりやすいです。

本気で修復したい、謝罪したいと思っているなら下記を参考にしてみてください。

 

 

 

手紙に素直な気持ちを書く

 

きちんと謝る

「ごめんなさい」「私が悪かったです」、「傷つけてしまい申し訳ございません」と、きちんと言葉で謝罪する。

そして何にあやっまているのか、細かい事ではなくて、「長年我慢させてしまって」「離婚したいと思うほど気持ちを傷つけててしまい」大きな事、長い間にという表現を使いましょう。

不満はひとつやふたつではないので、長い間我慢してきたんだと思った上で謝罪の言葉を伝えましょう。

 

感謝と楽しかったこと

感謝していることや、昔一緒にいて楽しかったことも書くといいです。

自身の反省、改善をしていく決意を表明して、その先にはまた楽しく一緒に過ごせることを想像させるのです。

 

言い訳ばかりはNG

謝った後、責められたくない気持ちから、つい「でもあの時はあなたもこうだったでしょ」「私も忙しくしていたから」そんな余計ないいわけは止めましょう。
本当は反省していないのでは、と相手はがっかりしてしまいます。

 

すぐに相手に答えを求めない

手紙を読み上げるのか、渡すのかどちらになるのか状況にもよりますが
早く読んで!とせかしたり、返事は?などと聞くのは絶対に止めましょう。

相手は手紙を読んだ後じっくり返事をどうするか考え中なのです。
そわそわしないで、どっしり構えているほうがいいですよ。

長文は書かない

できれば便せん1枚が望ましいです。どうしても伝えたいことがあるなら2枚にしましょう。
あまり長すぎると思いは逆に伝わりにくいです。

本当の謝罪は相手の心に届く

優しさや思いやりを忘れずに謝罪すること。
その気持ちは相手の心に届きますからね。

一人ではどんなことを書いていいのかわからない時は

ご相談ください。

 

 

離婚したくない  /  メニュー

▶離婚したくないTOP      ▶離婚したくない気持ち  ▶離婚回避をするための行動
▶パワハラ・モラハラ      ▶セックスレスの問題   ▶パートナーの浮気問題
▶子供の養育費問題       ▶両親に離婚の相談    ▶パートナーへの思いの伝え方
▶修復するための心構え     ▶説得をする問題点    ▶別居中にする行動
▶パートナーの浮気が発覚した時 ▶お金の問題を解決    ▶親に相談する時の注意点
▶相手の気持ちが分からない   ▶円満調停にするには   ▶子供への悪影響 
▶仕事が多忙で離婚宣告された  弁護士への相談               ▶相手へ謝罪の手紙の書き方

 

一人で悩まないで今すぐご相談を

カウンセリングのお申込みはこちら

お問い合わせ

050-3577-8064
 
※カウンセリング中は出られませんので
留守番にお名前とお電話番号のメッセージを残して頂けましたらこちらからご連絡させて頂きます。

LINEからもお問い合わせ・ご予約も受付中!

友だち追加