妻から突然離婚したいと言われた、夫源病の妻を治してほしい場合

ガマンばかりのしんどい夫婦関係から、心から笑いあえる夫婦関係に
 
メンタルカウンセラー 小澤典子です。
 
 
「妻が離婚したいと言ってきました、夫源病なんです治してください」
 
「妻にカウンセリングを受けさせれば離婚を辞めてくれますか?」
 
このような問い合わせが時々来ます。
 
 
 
突然妻から離婚と言われてショックで
 
どうしていいのかわからない状態の中でネットで色々検索して
 
このカウンセリングを見つけられたんだと思います。
 
 
 
妻から突然離婚したいと言われたら
 
どう行動すると離婚を回避できて再構築できるのかをお伝えしていきます。 

妻から突然離婚したいと言われた

以前のような妻に戻ってほしい!
 
それが一番いい方法だと思われているかと思いますが
 
 
 
それは、違いますよ。
 
夫であるあなたが変わらなければ何も変わりません。
 
 
 
以前の妻に戻さないほうがいいです
 
家事に子育てにいろんなことを頑張っていて
 
あなたともあまり喧嘩をしなかったのなら

心に相当ストレスをためていた状態、体調も良くなかったのではないでしょうか?
 
 
 
真面目でがんばりやさんな妻ほど

良い妻、良い母でいなきゃいけないと思い込んで 
 
一人で頑張ってストレスを抱えてしまうんです。
 
 
 
以前の妻に戻ったところで
 
また同じようにストレスや疲労をためて離婚を切り出されますよ。
 
 
 
厳しい言葉になりますが 
 
無理に妻にカウンセリングを受けさせても効果はありません。
 
夫源病の原因である夫の言動を変えないと離婚の道しかないです。

夫はどう変わればいいのか

 
妻から何が嫌だったのか?これからどうしてほしいのか?
 
これを聞くことから始まります。
 
 
 
女性は感情豊かだし気持ちを共感しあいたい性質があるから
 
話が長かったり、結論の前に細々とした愚痴があり、はっきり言ってと思うけれど
 
話を最後まで何も反論もせずに聞くことが大切
 
 
 
原因は料理が出てくるまでずっと寝てるのが嫌だった
 
子供の面倒を自分からみてくれなかった
 
体型を馬鹿にされたり、トラウマになるような言葉があったとか
 
 
 
本当に小さなストレスの積み重ねだったり
 
夫本人もまったく悪気がないような事だったりします。
 
 
 
 
だからそこで「そんな事言ったかな?」「ごめんごめん」
 
そんなふうに軽く言ってしまいそうになるけれど
 
それでは妻の気持ちをさらに遠ざけてしまうので

 
 
しっかり事の重大さを受け入れて妻の気持ちに寄り添うこと。
 
妻だって離婚したくないからずっと我慢してきたし
 
こんな話をしたくないし、話すのにも勇気を出しているんです。 
 
 

夫にずっと察してほしいと思いながら
 
何年も耐えてきた妻の気持ちを汲み取って
 
 
 
「話してくれてありがとう、今まで気付かずごめんなさい」 

「長い間我慢させて本当にごめんなさい」
 
 
 
このような言葉をゆっくりと妻に伝えてください。
 
妻は怒りや悲しみ、孤独などを受け止め理解してほしいと思ってます。
 
「受け止める+謝る」という言葉を妻に伝えることが再構築の第一歩ですよ。
 
 
 
「悪いと思ってないのに謝れない」
 
「自分は仕事を頑張ってきたのに、こんなこと言いたくない」
 
「わがままだ向こうが謝るべきじゃないか」
 
 
 
そんな意見もあるかもしれませんね
 
今は妻に離婚を宣言されてショックを受けてるのに
 
なぜここまで妻にしなきゃいけないのか?
 
そんなふうに思われるかもしれませんね。
 
 
 
言いたくないのなら無理して言わなくていいんです。
 
ただ妻がわざと意地悪をしているわけではないんです。
 
 
 
本当にあなたを愛して真面目に尽くしてきたからこそ
 
夫源病というどうにも耐えられないストレスを抱えてしまったんです。
 
 
 
愛していたから今まで頑張れた
 
でも毎日繰り返されるがっかりが積み重なり
 
愛しているかどうかも分からなくなってしまった。
 
 
 
そんな状態でも夫のために
 
料理を作ったり身の回りのことをして
 
妻だからと責任感から頑張っていたけれど
 
 
 
次第に夫と一緒にいるだけで不調になってしまう自分を責めて
 
自分でもどうにかしたくてもできなくて
 
誰にも相談できず一人で葛藤するしかない日々を
 
きっと何年も耐えてきているんです。
 
 
 
夫源病になってしまう女性は
 
真面目で思いやりがあって頑張り屋さん
 
みんな孤独を抱えて悩んでいます。
 
 
 
まず妻の気持ちを分かろうとすることが大切ですよ。

妻を夫源病にしやすい夫というのは  

本人にあまり自覚がなく、何気ない言動で妻を傷付けている。
 
妻からも注意されていたかもしれないけれど
 
仕事が忙しいからと、つい妻任せにしていてコミュニケーションが少ない
 
家庭はうまくいっていると思い込んでいることが多い。

夫源病になりやすい妻というのは

真面目で我慢強い、弱音をあまり吐かない
 
繰り返す夫の嫌な言動に耐えて夫にガミガミ文句を言わない。
 
家事や子育てをきちんとしなければと自分のことは後回し
 
世間体を気にしてしまう。

そんな特徴を持った二人が夫婦になると

世間から見れば良い夫婦に見えます、夫から見ても良い妻です。
 
だけど妻にとっては一人で頑張ることが多くてストレスばかり感じ
 
やがて離婚に進んでいく可能性が高い要素を持っています。

もし妻が夫源病だったなら

ここで夫婦の関係を見直して
 
妻に心身に変調をきたすほどのストレスを感じないように
 
夫婦関係を新たに構築していく必要があります。 
 
 
 
そこからが大変なんですが
 
長くなりましたので明日続きを書きます。

まとめ

妻から突然離婚したいと言われた、夫源病の妻を治してほしい場合
 
妻が突然離婚したいと言い出したら夫源病の可能性が高いです。
 
 
 
そんな妻を変えようとするのは
 
ますます妻の心を遠ざけます。
 
 
 
できることは「あなたが変わろうと決意すること」
 
妻に何が嫌だったのか、今後どうしたらいいのか
 
話を最後までじっくり聞くこと。
 
 
 
妻の気持ちに寄り添って
 
今まで妻が嫌だと感じていたことを認めて謝ること。
 
それから妻にストレスがかからないよう新たに再構築を始めること。
 
 
 
一人では乗り越えられない、不安な場合は
 
プロに潜在意識からネガティブな思い込みをクリアにしてもらうと
 
再構築は早く進んでいきます。
 
 
 
あなたにとって幸せな夫婦関係になるのに最短、最速です。
 
愛と感謝と祈りを込めて・・・ 。

 
カウンセリングは電話・ZOOMのみの対応となります。通話料はかかりません。

友だち追加

LINEからお問い合わせ・ご予約もお気軽にどうぞ!

登録プレゼントは受け取って頂けましたか?

あなたを幸せに導く
【今すぐ願いを叶える魔法の言葉】

LINEの IDはこちらです。

@igu6949f
 
 

全国どこでも対応しています。

夫源病・夫婦関係修復
夫婦関係のストレス・結婚生活の疲れ

カウンセリング ココロハレル 
 

カウンセリング