3つのきっかけで冷めきった夫婦関係が修復されていく!

抜け出せない夫婦の悩み潜在意識から解消! 

幸せと安らぎのある夫婦関係を手に入れる

夫婦関係カウンセラー 小澤典子です。
 
 
長年夫婦をしていると
 
お互いに、いて当たり前、空気のような存在になり
 
男女の関係から肉親のような関係になりますよね。
 
 
 
歳を一緒に重ねて
 
老後はお互い支えあっていつまでも仲良く
 
過ごしていけたらいいなと思っていませんでしたか?
 
 
 
世の中仲の良い夫婦ばかりではありません
 
長年の夫婦関係の不満が積み重なって
 
 
 
夫に怒りや悲しみ、失望などを繰り返し
 
夫婦関係に深い溝ができて
 
いつの間にか夫が家にいるだけで不調になる。
 
 
 
離婚できれば楽になれるのにと考えてしまうけど
 
夫から暴力もなく、お金も家にきちんと入れてくれる。
 
 
 
でも一緒にいると体調が悪くなったり
 
気持ちがイライラ、もやもやしてしまうなら
 
夫源病の可能性が大きいです。
 
 
 
「夫源病」とは夫と一緒にいることにストレスを感じ
 

自律神経やホルモンのバランスを崩し

めまい、吐き気、不眠、動悸、腰痛、肩こり、頭痛、便秘、憂うつ、など 

様々な症状が現れます。
 
 
 
今回は冷めきった夫婦関係を修復する方法をお伝えします。

 

冷めきった夫婦関係を修復するきっかけ

冷めきった夫婦関係を修復するきっかけはあります。
 
それをいつ実行するのにベストなタイミングは
 
どうしたらいいのか悩んでいる「今」です。
 
 
 
あなた自身に修復しようという気持ちがないと
 
夫婦関係の修復は進まないからです。
 
 
 
男性よりも女性のほうが夫婦関係を
 
「このままではうまくいかない」
 
「どうしたらうまく継続できるか」
 
と考えられるんです。
 
 
 
女性は子供がいたり、経済的なことからも
 
離婚すると困難な状況があることを
 
分かっています。
 
 
 
子供や自分自身を守ることを
 
優先して考えることができるんです。
 
 
 
「このままではうまくいかない」
 
と思っているなら今が前に進めるベストなタイミング。
 
 
 
それでも「うまくいかない」と感じていても
 
問題を見ぬふりをしていると
 
ストレスばかり大きくなって苦しくなります。
 
 
 
では、どのように修復していくのか見ていきましょう。
 

夫婦関係を修復する3つの方法

現在どのような状況なのかで変わってきますが
 
この3つの方法で本当に変わっていきますよ。 
 
 

コミュニケーションを増やす

 
普段夫との会話は何分くらいですか?
 
以前と比べて少なくなっていると感じているなら
 
 
挨拶からはじめましょう
 
「おはよう、いってらっしゃい、おかえりなさい、お疲れさま、おやすみ」 
 
 
 
そんなこと?
 
と思ったかもしてませんが
 
以前よりも挨拶減っていませんか?
 
 
 
または声が小さくなっていたり 
 
言わなくてもいいかっと思ってしまったり
 
相手が言わないから自分も言わなくなってしまったり
 
 
 
挨拶をする、ここからスタートです。
 
 
  
それから夫自身の事や、夫が興味ある事を聞いていくんです。
 
「疲れてないかな?」「休日行きたいところはどこかな?」
 
 
 
あなたが気にかけてくれると夫は嬉しくなるし
 
安心を感じて夫からも話してくれるようになっていきますよ。
 
 

本心を打ち明ける

 
結婚したばかりのころは 
 
相手は何をしたら喜ぶのかな?
 
何をされたら嫌なのかな?
 
 
 
常に気にしたと思います。
 
結婚して何年も経つと
 
 
 
夫が喜ぶことはこんな事
 
嫌がることはこんな事だよね。
  
そうやって決めつけてしまってる場合があります。
 
 
人は見えている部分や
 
自分の過去の記憶で
 
相手はこんな人と思い込んでしまうけれど
 
 
 
見えていない部分に本質はあるんです。
 
 
 
夫から見たあなたは
 
妻はこれは喜ぶけど、これは嫌がるよね。
 
そうやって決めつけていることがあって
 
 
  
今夫婦関係がうまくいっていないのなら
 
お互いの思い込みが違っているということ。
 
 
 
あなたは料理を作るのはいいけれど、洗い物が苦手だったり
 
休みの日はずっと寝ていたいのに起きて
 
朝ご飯を作るのが嫌だったり
 
 
 
だけど夫から見たら、妻は好きで家事をしているし
 
休日も起きたくて起きている
 
 
 
そんなふうに見ているんですよ。
 
あなたの本心を言わないと
 
夫は「妻は好きで家事をしている」
 
そんな認識でいるんです。
 
 
 
「料理するのはいいけど、洗い物が苦手だわ」
 
「休みの日はもっと寝ていたいわ」
 
と本心を伝えるだけでも、気持ちは楽になっていくんですよ。
 
 
 
あなたが本心を伝えることで
 
「苦手なことを毎日頑張ってしてくれてたんだ」
 
と分かってくれるし
 
 
 
夫からも「休みの日は遅くまで寝ていたい」
 
「会社たまに休みたい」
 
そんな本心を伝えてくれるかも。
 
 
 
本心を伝えて否定されたら怖いから
 
だから本心をずっと言わないでいると
 
お互いの本音もわからないまま何年も経ってしまうんです。
 
 
  
夫婦をこれから続けていくなら
 
少しづつでも自分の本心を伝えていくほうが楽になっていきます。
 
 

ニッコリ笑って感謝を伝える

 
夫にニッコリ笑ってありがとう!
 
って伝えてますか?
 
 
 
いや、別に感謝することないし
 
こっちが感謝してほしいのに!
 
って思ってませんか?
 
 
 
そんなあなたは
 
相手がしてくれたら私だって感謝するのに
 
相手は何にもしないからと
 
感謝どころかイライラしていませんか?
 
 
 
うまくいかない夫婦関係は
 
夫が何もしないせいだと思いこんでますが
 
あなたが何もしない夫にしている場合があるんです。
 
 
 
夫婦関係がうまくいかないと
 
夫と話したくない、顔を見たくない
 
だから頼らない。
 
 
 
そう思ってしまうけれど
 
その思いがますます心の溝を広げてしまうんです。
 
 
 
だからそんなときほど
 
夫に簡単なお願いをしてみるんです。
 
 
 
相手が機嫌の良い時や、落ち着いてる時に
 
高いところのもの取ってくれる?
 
この荷物重くて玄関まで運んでくれる?
 
 
 
小さなお願いをして
 
してくれなくても気にならない簡単なこと
 
してくれたら「笑顔でありがとうって」感謝を伝えるんです。
 
 
 
自分から小さな簡単なお願いをして
 
夫に対して笑顔で感謝をすることを繰り返すんです。
 
 
 
すると夫は頼られて、感謝されることに喜びを感じ
 
自分から動いてくれるようになったり
 
 
 
あなたも夫のことが少しづつ頼りになると思えてきて
 
お互い機嫌が良くなり
 
夫婦の会話が楽しくなってきますよ。
 
 
 
待っていても夫婦関係はうまくいかない
 
自分からうまくいくように行動あるのみ。
 
 

 まとめ

冷めきった夫婦関係が修復する方法として3つお伝えしました。

  1. コミュニケーションを増やす

  2. 本心を打ち明ける

  3. ニッコリ笑って感謝を伝える

 
冷めきった夫婦関係になってしまったのなら
 
お互いの本心を隠してしまっているのかもしれません。
 
 
 
本当の気持ちを伝えるのは勇気がいるかもしれません
 
喧嘩になるかもしれない
 
だけど言わないままだと、いつまでたっても
 
分かり合えないんです。
 
 
 
夫婦といってもお互い育った環境も違う他人
 
意見が違うのは当たり前だし
 
ぴったり合うはずがないんです。
 
 
 
本心を言うのは気が引ける
 
喧嘩したくない…
 
と思ってコミュニケーションがとれないと
 
 
 
ますます夫婦関係は冷めて
 
ストレスがたまって「夫源病」は始まるので
 
 
 
あなたから行動することです。
 
 
 
「夫源病」とは夫がストレス源の原因と感じ
 

自律神経やホルモンのバランスを崩し

めまい、吐き気、不眠、動悸、腰痛、肩こり、頭痛、便秘、憂うつ、など 

様々な症状が現れます。
 
 
 

一人では乗り越えられない、難しいと感じる場合  
 
プロに潜在意識からネガティブな思い込みを
 
クリアにしてもらうほうが早いです。

  
 

あなたにとって幸せな

夫婦関係になるのに最短、最速です。

  
あなたも本当の平和と幸せを手にいれませんか?
 

愛と感謝と祈りを込めて・・・ 。

  
  

 

カウンセリングは電話・ZOOMのみの対応となります。通話料はかかりません。

友だち追加

LINEからお問い合わせ・ご予約もお気軽にどうぞ!

登録プレゼントは受け取って頂けましたか?

あなたを幸せに導く
【今すぐ願いを叶える魔法の言葉】

LINEの IDはこちらです。

@igu6949f
 
 

全国どこでも対応しています。

夫源病・夫婦関係修復
夫婦関係のストレス・結婚生活の疲れ

カウンセリング ココロハレル 

 
 
 
カウンセリング