「夫の浮気が心配」不安でしょうがない、辛い状況のあなたへ

【夫の浮気が不安すぎる】家にいないと不安になってしまう

夫がもし浮気していたら…そう考えて不安になってしまう女性は多いです。
夫は真面目だし優しく過去にそんな行為をしていなかったとしても、女性は愛しているからこそ
配偶者の浮気を心配してしまうものです。
夫がスマホを触っている。会社の飲み会で帰りが遅い。ただの連絡や会社の人との付き合いなんだと
頭ではわかっているのに、心の中ではモヤモヤして不安になってしまう。
毎日一緒に生活をしているとドキドキはなくなり家族として毎日同じような生活を繰り返し始めます。

そうなると女性は過去の恋人の時のような優しさが夫からなくなったとマイナスに受け止め
さらには求める愛情が返ってこないと夫が浮気したりしないか?と心配になってしまうものです。

そして、何をしたら浮気になるのか?その感覚は女性と男性では違ってきます。
男性はキスやセックスといった肉体関係を持ってはじめて浮気だと考える人が多いのですが
女性は二人だけで親密にメール交換をしたり、二人きりの食事、というのも浮気だと疑ってしまうこともあります。
男性はただの女友達、ただの会社関係の女性だとしても妻から見て親密そうなやりとりをされたら心配になってしまいます。

当然、夫を疑ってばかりでは、逆に夫の気持ちが離れていきます。
心配しすぎることで、夫は信頼されていないことにうんざりしはじめ
夫婦関係が悪くなってしまうこともあります。
 
夫の浮気を心配しすぎるあまりに逆に夫を浮気に走らせることもあります。
そんなことは望んでないはず、そうならないためにも、浮気されやすいタイミングを知っておきましょう。
また、浮気防止のための効果的な方法をご紹介します。

浮気されやすいタイミングとは?妊娠中・里帰り中など

浮気されやすいタイミングなんてあるの?と思いますよね。実はあるんです「妻の妊娠中・出産後」が1番多いのです。
女性としては一番大変な時、助けてほしいときなのでショックは計り知れません。
同様に「育児に手のかかる子供が小さい時期」も多いです。
妊娠中は、女性の身体はつわりや様々な変化があり、夫婦のセックスも減少してしまいます。
妻が里帰り出産で家を開けたタイミングで、性欲を満たそうと、浮気をしてしまう男性もいます。

そして、出産後は24時間小さな赤ちゃんのために育児が続きます
頼れる両親が近くにいないという環境だと、妻だけが家事育児をすることになり寝不足とストレスはMAXの状態。
 
それに加えて産後のホルモンバランスは整っていないので、心身ともに疲れている中で夫に優しくするのは難しく
またそんな中でセックスをしようとする夫に嫌悪感を抱く女性も多いものです。
この時は女性も小さな赤ちゃんを守ることで精一杯
とても夫にやさしくできる時ではない状態の時でもあるんです。
男性が責められることが多く、自分から何をしていいかわからない夫は
家の中に居場所が見つけられずにいます、このタイミングで優しくしてくれる女性がいると
つい浮気してしまうことがあります。

もちろん、このタイミングですべての男性が浮気をするわけではないです。
浮気されやすい時だから、と不安になって夫の行動を、ずっと監視すると疲れてストレスになるばかりです。
妊娠中や産後など、女性のホルモンバランスが乱れてやすい時期には情緒不安定になりやすいです。
 
怒りが沸いたり悲しくなったり、自分でも感情をコントロールができない場合があります、自分でもそうなってしまうことを自覚し、自分の時間をなすべく持てるようにして一人の時間を作りリラックスして過ごすように心がけましょう。
夫は女性の妊娠中や産後の体のことを説明して知ってもらい、情緒不安定は今だけだと理解してもらうといいです。

育児で疲れすぎている女性は全部育児を自分一人でしなければと考えていたり、夫に任せられない!と思う方もいるのですが、そうなると夫はますます育児に関われないし、子育ては妻がするものだと認識して手助けしてほしいときに何もしてくれない!ということがあります。
 
もっと夫を育児に関わらせて父親の自覚と責任を持ってもらうことで浮気防止にもつながります。
はじめは危なっかしい手付きにイライラするかもしれませんが、はじめは誰でもそうですよね、できたら褒めるを繰り返せば自分から子供のお世話をしはじめるようになっていきますよ。

浮気が心配だと確認せずにはいられないかと思います、本当に浮気していない?とネガティブなことを聞くのではなく
「二人でこれから親としてがんばろうね」「あなたがいてくれてよかった、頼りになる!」といった、この家にとって夫は必要な存在だとポジティブな言葉を送り続けることで、女性の妊娠中から出産後も妻が情緒不安定でも、夫は自分が必要ならしっかり妻を支えよう、家庭を守ろうとするものです。

夫の浮気相手になりやすい女性とは?

どんな女性が夫の浮気相手になるのかという質問が多かったので回答しますね。
男性は性欲からつい魔が差してと言い訳をして浮気をしてしまうのですが、
既婚男性に多い浮気相手はどんな女性なのか見ていきましょう。

1.以前付き合っていた彼女

浮気相手に多いパターンです。結婚しても前から続いていたケースや
同窓会やSNSで偶然の再開で再熱してしまうケース。
真面目で誠実な夫なら何も心配はありませんが、一夜限りだけ、と浮気してしまう夫もいます。

2.会社の同僚・部下・取引先の女性

ただの会社の部下と上司だと思っていても
仕事の相談にのってもらってプライベートなことまで話して仲良くなって
相手も夫が既婚者と知りながら浮気をしてしまう。
仕事関係での浮気は、お互いに社会的制裁というリスクがあります。
女性の方から近づいてきても理性がある男性なら避けるはずです。
しかし、お互いにそうなるとわかっていながら浮気することもあります。

3.キャバクラ・風俗

お金を払ってお店を利用すれば浮気にならないと考えるで男性もいます。
しかし妻からすれば風俗に行ったと分かれば冷静ではいられないし
性病なども気になります。夫がそんなお店を利用するなんて不潔だと思い
夫婦でのセックスもますます疎遠になってしまいがちです。
 

夫の浮気相手といっても、疑い始めればキリがありません
普段から夫婦関係が良好なら夫は家族を失うこと、社会的地位を守ることを優先して浮気などしません。
もし夫の帰りが遅かった時や、浮気しているのか確認したくなった時は疑うのではなく
「身体が心配だよ、元気のでるもの作ったよ」「もっと一緒にいられたら嬉しい」と
体を気遣って優しくしたり、甘えるほうが男性心理的に浮気防止に有効です。

浮気を心配して疑いすぎると夫は嘘をつくようになるかも

よく不安になりやすい女性は夫に浮気をしていないか確かめたり
ちょっとした夫の言動を浮気していると決めつけて問い詰めたり
会社に行っている間も連絡をして何をしているのか確かめてしまうことがあります。
 
そして早く帰るように強要したり、女と話すことを禁じたり、飲みに行くことも制限してしまう
もしもんなことまでしていたら危険信号です。
自分が不安のあまり、相手をコントロールしようとするモラハラを夫にしていることになります。
夫がモラハラなのではなく妻がモラハラ加害者になるのです。

もし、夫が妻にそうやって浮気の心配をされて自分が愛されていると喜ぶ夫なら何も問題ないのです。
しかしほとんどは、何度も心配されて、浮気を疑われて
何を言っても誠心誠意浮気をしていないと言っても信じてくれない、そうなると夫の心は折れます。
  
もう妻に何を言っても信じてもらえないんだと
そうなってしまうと妻に何を言われても嫌気がさしはじめ、怒り出したり
嘘をつくようになります
配偶者にあまりにも信じてもらえないと夫もストレスが溜まりますから
正直に話したところで嫌な思いをしたくないので適当な嘘を言うようになってしまいます。
 
心配だからと夫に何度も確認したり、コントロールしたりするのは、逆効果なんです。
疑うよりも信じる姿勢を見せるほうが夫が安心し信頼を得れるものです。
疑う気持ちを言葉にする前に、まずは夫に労いの気持ちや感謝の気持ちを先に出しましょう。
「お仕事お疲れ様、今日も暑かったね」「いつもありがとう」
そんな言葉だけでも夫には心地よいものです。
 
いつも浮気を疑われていては妻の隣は居心地が良くありません。
夫にとってあなたといると安らげる、居心地がいい
そんなあなたになることが一番の浮気予防
なのかももしれません。

浮気されたくない!不安になる心理

もし夫が浮気していたら?信じているのに、裏切られたら…想像だけでも辛いですよね。
でもどうしてそんなに不安になってしまうのか
きっと頭ではこの不安を手放したい!このままじゃダメだ!と分かっていると思うんです。
もう不安にならない!信じよう!と思っても
次の瞬間浮気しているんじゃないかとネガティブが襲ってきていつも通り浮気の心配をしてしまう。

この状態になっているなら、自分を責めているかもしれませんね
頑張っても思い通りの自分になれないのなら原因は潜在意識にあるんです。
毎日使う言葉は潜在意識に入っていきます。
「浮気しているかも」「ほかの女性と会ってないかな」と不安になりながら
繰り返し心の中で唱えていれば、潜在意識はそのことを
「不安に思うほど夫は浮気している」と思い込むんです。
 
 
潜在意識にインプットされた感情と考え「当たり前」のものだと認識して
「夫はきっと浮気している」と信じ込んでいる状態になります。
頭では浮気していないと知っていても、潜在意識のパワーは大きいので逆らえないんです。
  
そして潜在意識はその通りになるように働いてくれるんです。
何度も浮気を確認して、嫌われるような言動を繰り返し
本当に夫が浮気をしたり、または去っていく。
 
最悪な状況ですが妻は「やっぱり浮気したんだ!」「ほら!やっぱりそうだった!」と
当たり前のことが起きたと言ってるんです。
  
この怖いところはすべて自作自演で本人は気づいてないところでしょうか。
  
もし浮気してないか不安だと思ってしまうなら、心の口癖を変えてみてください。
何度も言い続けているネガティブな言葉は今から辞めること。
 
不安になったら「これは妄想!」「夫は私のことを愛してる!」
しっかり事実を自分に教えるんです。
 
それに悩むときは姿勢が猫背になっていたりするので、背筋をピッと伸ばし深呼吸もいいですよ。
 
夫の浮気を心配しているばかりでは幸せな夫婦になっていくのは遠のいてしまいます。
夫を信じたい、その気持ちがあるなら、自分を信じてください
理想の幸せな夫婦になられることを応援しています。
 
 

 
一人ではなかなか不安を手放せないなら、私と一緒に手放しましょう。

まずは体験相談からはじめてみるのをおススメします。
▼▼▼
体験相談