やっと解放された!母からのプレッシャーが消えた魔法の言葉


今回は「母からのプレッシャーが・・・」っという悩みをお持ちのクライアントさま(34歳・会社員)の母娘関係調和カウンセリングをさせていただきました。
 
 
 
■クライアントさまの悩み
もうすぐ35歳になります。ずっと実家住まいなのですが、何年か前から、母から結婚へのプレッシャーがひどくて、頭痛になるくらいなんです。
 
母はよく「早く子供を産まないと!二人は産まないと可哀そうよ!」なんて言うんです。
 
結婚さえしてないのに子供を早く二人も産め!なんて催促をしてきます。
私だって早く結婚しなきゃと思っていて、この人なら結婚できるかもしれないと思って作った彼氏がいましたが
 
2カ月で音信不通にされ、その時人間不信になりそうで夜は眠れなくなったし、食欲もなくなりました。
 
母に焦らされるせいで、恋愛もうまくできないし、もう何も言わないでほしいんです。
少し前までは外泊にも厳しくひとり暮らしも許してもらえなかったのに、急に結婚をせかされて困ってます。
 
この歳だから恋愛もうまくいかないのかもしれませんが
私だって心から一緒にいたいと思える人と結婚して、子供も欲しいと思ってし、母に孫を見せたいと誰よりおもってるんです。
とにかく急かしてプレッシャーをかけられたくありません。どうしたら母は言わなくなるんでしょうか?
 
 
 
母親からの結婚のプレッシャー、焦りますよね。
私も24歳の頃には母親から
 
「私は24歳で子供産んだわ」とか「スーパーで小さい子に手を握られちゃった(笑) 孫はまだかな?」
なんて言わてれ、すごく嫌でしたね。
 
そう簡単に言われても彼氏を作るところから難航してるのに、さらに結婚、そして出産!ものすごいハードル高い事を簡単に言ってくるので、しんどかったです。
 
 
 
あのね、結論から言うと、母親は暇だからそう言うんだよね。
 
 
 
あとは世間がそうだから(女は早く結婚して子供を産むのが幸せ)と思ってる。
 
 
 
お母さんは、もう子育ては終わったし、あとやることは娘の結婚式と孫を可愛がることだわ!
って思ってるの。
 
 

それが娘の幸せでもあるし、自分の幸せでもあるっと思って、娘に早く結婚をしてもらわないと母親の私が困るっていう思い込み。
 
 
 
クライアントさまは母(周りも含め)の期待に応えてきた人じゃない?
 
 
 

こればかりは、なかなか応えられず、うまくいかない。
 
 

それで焦ってしまっている状態ですよね。「期待に早く応えなければ!」という思いです。
 
 
 
ではなぜ、そんなに期待に応えなければと思うんでしょう・・・。
 
 

それは母に心配をかけてはいけない、悲しませてはいけない、などのいい子のパターンと
 
母の言う通りにしないとガミガミ怒られる、失敗するといろいろ言われるなど恐怖からのパターンがあります。
 
 
 
一度「母に心配をかけてもいい」「母の期待に応えなくてもいい」「母を悲しませてもいい」「母の言うことを聞かないで失敗してもいい」「怒られてもいい」って言ってみて、どんな気持ちになるか感じてみてくださいね・・・。
 
 
 
相談内容からは結婚の事だけではなく、ずっとお母さんに振り回されてきて苛立ちも見えますね。
 
 

今までは子供だからこれはダメ!と言われたり、大人だから、こうしなさい!っと突然言われて「どっちなの!?」という思いをしてきたかもしれませんね。
 
 
 
それもクライアントさまがお母さんの言うことを聞こうとすればそこの苛立ちです。
 
 
 

でも、気付いて、もう大人だから、お母さんの言うことは聞かなくてもいいのですよ。
 
 
 
自分の人生を生きてもいいのです!
 
 
 
クライアントさまも言ってるように母に言われると辛い「結婚へのプレッシャー」は、実は、自分が思っている部分だったりします。
 
そして「それができない自分はダメだ」と自分を責めたり、親の期待に応えられない罪悪感で苦しかったりしますよね、だからこそ、そこを突かれると痛い・・・。
 
 
 
痛いと、聞きたくないし、目をそらしたり、何も言い返さず早く終わってっと耐えて
自分を守ろうとしますよね。
 
その姿がお母さんから見ると
「この子は分かってない」「伝わってない」と見えて何度も言ってきたりするの。
 
 
 
だから、その痛がってる自分をそのまま親に見せてもいいんですよ。
 
 
 
勇気を出して、本音を「そうだよね、私だってそうできたらどんなにいいかと思ってる、けど・・・」ってその苦しさ、自分の考えてる事、お母さんへの希望を伝えてみて!
 
 
 

■クライアントさまに魂のワークⓇ
自分の中にある頭痛になってしまうほどの母親からのプレッシャー、罪悪感、苦しい感情を潜在意識からクリアにしていきます。
 
  
お母さんから「結婚はまだ?」と言われた時の事を思い出してもらいます。
 
  
思い出したら今、自分の中の嫌だな・苦しいと思う感情を数値にするとMAX10ならいくつかお聞きして
 
  
お母さんを思い出して、その数値が0になるまで魂のワークⓇをしていきます。
 
  
10分後・・・
 
  
クライアントさま「数値0です。頭が軽くなった感じです、母の顔を思い出しても嫌な気持ちにならないです。」
 
   
私「またお母さんから結婚はまだ?って言われたら、どんな気持ちになりそうですか?」
 
   
クライアントさま「まだだよー。そのうちするから待っててね!って言うと思います(笑)」
 
  
私「すごい明るく言い返すんですね、いいですね!」
 
 
クライアントさま「はい!もしまた母に言われても、明るく言い返せそうです!こんな数分で長年苦しかった母からのプレッシャーから、やっと解放されました!ありがとうございます。」
 
  
「のりこ先生に言われて嬉しかった言葉もありました。
 
【もう大人だから、お母さんの言うことは聞かなくてもいい。自分の人生を生きてもいいって】
 
 

そう言ってもらえて、そうなんだ!って思えて、この魔法の言葉を思い出せば、これから先、母からのプレッシャーも消していけそうです!」
 
 
 

電話越しに聞こえるクライアントさまの声は明るく喜びに満ちた声になられていました。
 
 
 
数年間のお母さんからのプレッシャーが消えて本当に良かったですね。
 
 
 
これでクライアントさまが望む自分の生きたい人生が始まりますよ。
 
 
 
最後にひとつだけ、この歳だから恋愛がうまくいかない、とおしゃってましたが
恋愛に歳は関係ないですよ。
 
 
 
恋愛したいと思う時が程よい歳です。
 
 
 
 
 
 
母親との関係で悩んでいるなら、カウンセリングで解決できるかもしれません。
 
 
 
心のイライラ・モヤモヤで悩んでいるならお気軽にお問い合わせください。 
カウンセリングは電話のみの対応となります。
 
 
050-3577-8064
 
 

 
 
 
全国どこでも対応しています・愛知県・名古屋 メンタルカウンセリング ココロハレル
 
 
 
カウンセリング