夫婦関係に疲れた…もう一度、笑いあいたい!夫婦円満に戻る方法とは?

夫婦関係に疲れた…夫婦円満に戻る方法とは?

昔は愛し合い生涯を共に生きようと誓って結婚したの長年の結婚生活で、夫婦関係に変化が現れます。
価値観の違い、生活習慣の違い、小さなすれ違いが積み重なり、夫婦でいることに幸せなのかわからなくなったり
昔と比較してがっかりしてしまったり 、そして夫婦関係に疲れた…と感じてしまう。

今回は夫婦関係に疲れたと思ったときの対処法をまとめてみました。
夫婦関係に悩んでいるときどう乗り越えていけばいいのか?夫婦円満に戻るコツなどお伝えしていきます。

夫婦関係が疲れる原因

はじめは楽しかった結婚生活でも、夫婦関係は生活と共に変化していきます。お互いの価値観の違いから夫婦関係に疲れたと感じることも多くなり、やがて二人の間に大きな溝を作ってしまうこともあります。

夫婦関係が疲れる原因は、日常生活の忙しさによるストレス、疲れ、すれ違いが大きく影響しています。
幸せなになれると思い描いていた結婚生活、いざ始まってみると毎日の家事に育児に忙しくゆっくりする暇もありません。

夫の仕事が忙しく、夫婦二人の時間で過ごす時間が減るので十分なコミュニケーションをとることができません。

そんな日々の中で言いたいことが言えず、我慢することが増えてしまい、二人の関係に少しずつ溝ができはじめてしまい「どうしてわかってくれないの?」と夫婦関係に疲れたと感じるようになっていきます。

夫婦関係が疲れるきっかけは?

価値観が合わないことが多い

夫婦円満でいられるには価値観を共有できるかが大切

お互い育った環境も違うし価値観がまったく同じなんてありえないこと。

料理の好み、旅行に行きたい場所、笑いのツボ、起きる時間、寝る時間、価値観が違う場合は話し合ってすり合わせなければいけません、はじめのうちは価値観の違いを楽しめたとしても

結婚生活が長くなると、それは我慢して合わせ続けていくことになり、やがてストレスになり疲れた…と感じるようになります。

日常のストレスから夫婦関係まで疲れてしまう

毎日、家事育児と忙しくしていると、気付かないうちにストレスがたまっていきます

ストレスがたまっていると、夫の言動に笑顔で返せなくなり、イライラしてしまったり、許せなかったり、ささいな事がきになりようになり、さらににストレスをためてしまいます。

夫に対してイライラしてしまう自分はダメだと自分を責めてしまい、ストレスから夫婦関係に疲れたと感じてしまいます。

お互いの理解不足から夫婦関係が疲れる

夫婦関係でお互いのコミュニケーションが少なくなると、お互いに相手の立場に立ったり思いやりの気持ちが薄れてきてしまいます。

相手のことを思いやれなくなると「私はこんなに一生懸命がんばってるのに…」と自分の大変さにばかり感じて、相手に対してマイナスな考え方になってしまいます。

相手に対して不満が溜まってくると相手の言動にうんざりして、嫌なところばかり目に付くようになってしまい、それが重なると、夫婦関係に疲れたと感じてしまいます。

夫婦関係に疲れた方の体験談

どんなきっかけで夫婦関係に疲れたと感じるようになったのか

実際に悩まれている方の体験談をご紹介します。

仮面夫婦に疲れる

まさか仮面夫婦になってしまうとは想像していませんでした、ただお互い忙しくすれ違ってしまい

会話がまったくなくなってしまいました。私から話しかければ返事をしてくれる程度
昔はもっと話して笑いあっていたのに…

そんな夫にもう話しかけるのも疲れてきています、でも子供の前では仲良し夫婦でいないといけないと思って
頑張って明るく振る舞っています。

でも本当はただの同居人だし、夫婦生活もないし手もつなぎたいと思えない
もう仲良し夫婦を演じるのも疲れてきました。

喧嘩ばかりの毎日に疲れた…

小学生の子供が二人いて、そして共働きで育児や家事、すべて私がやっているのでいつもストレスたまっていてイライラ、夫とは些細なことでカチンときて夫婦喧嘩の繰り返し。もう私ばかりが頑張っていて夫婦関係も結婚生活も疲れてきました。
もう疲れて何もしたくない、でも仕事も家事も育児も他にやる人がいないので、結局私がすべてしなきゃいけない、本当に疲れます。

自分勝手な夫に…うんざり

休みの日はだらだらとゲームばかりか、自分の趣味を楽しむのに一人で出かけて
ふらっと帰ってきてご飯は?と聞いてくる夫。

自分は仕事さえしてるから家では何しても許されると思っているのか

自分勝手すぎる夫にうんざりする毎日で一緒にいると疲れます。

夫婦円満に修復するには

昔のように、笑いあっていた夫婦円満な時に戻りたい!と思いますよね。

夫婦関係に疲れたと感じていても、自分の心が整うことで、きっとまた夫婦円満に戻れます。
それは、お互いがお互いのことをもっと
思いやる気持ちを持つことが大切になります。

コミュニケーション不足が原因で相手を思いやる気持ちが持てなくなってしまうので
今日あった出来事や、小さなことでも話して、夫婦の気持ちを共有して、もう一度思いやりの気持ちを取り戻しましょう

カウンセラーに相談をするのもおすすめ

夫婦関係に疲れたと感じてしまう原因には、潜在意識も関係しています。

いくら夫婦関係を修復しようと頑張ってもうまくいかないのは潜在意識が過去、幼少期のトラウマ、ネガティブな感情などが原因で方向を間違い、夫婦関係が修復されず、さらに疲れを積み重ねて、うまくいかなくなってしまう。

頑張ってるのに夫婦関係がうまくいかないのなら
夫婦関係専門のカウンセラーに相談してみるといいでしょう。
話を聞いてもらうだけでもの胸の内の苦しみが取れて心が救われることもあります。

潜在意識に働きかけることができるカウンセラーになると、夫婦関係がうまくいかない原因が解消されるので
より早く夫婦関係が修復されて夫婦円満に向かっていけます。

まとめ

夫婦関係、結婚生活に疲れたと感じている場合、家事・育児・仕事に忙しく、夫婦のコミュニケーションが不足していることが大きな原因。

夫婦関係に疲れた…と感じるのは、不満、我慢といったストレスや、肉体的疲労、潜在意識による受け取り方や感覚の違いも大きな要因。

夫婦だからわかってくれるはず、と期待してしまいがちですが、やはり他人。心の中で思っていても伝わりません、きちんとありがとう、ごめんなさい、とお互い思いやり、感謝、尊重の気持ちを大切にして伝え合いましょう。

小さな我慢はやがて大きなストレスになり、修復が難しくなってしまうことがあります。
夫婦関係に疲れたと感じたら、我慢しないで解消していく方法をチャレンジしていきましょう。

離婚したい  /  メニュー

▶離婚したいTOP                  ▶結婚生活に疲れた    ▶夫源病
▶相手が離婚に応じない     ▶協議離婚の進め方    ▶モラハラの悩み
▶子供の成人後離婚したい         ▶夫婦関係に疲れた    ▶離婚したい理由      

 

一人で悩まないで今すぐご相談を

カウンセリングのお申込みはこちら

お問い合わせ

050-3577-8064

10時から20時まで 月曜休み 

※カウンセリング中は出られませんので
留守番にお名前とお電話番号のメッセージを残して頂けましたらこちらからご連絡させて頂きます。

LINEからお問い合わせ・ご予約も受付中!

友だち追加