夫婦関係がうまくいかないと感じたとき、誰もが「離婚」という2文字が頭に思い浮かぶかもしれません。
しかし、完全に夫婦関係が崩壊している前から「離婚」に向かうのではなく、夫婦関係の修復や再構築など、他に手立てがあるのか一度考えるときですよ。
どちらか一方、もしくは互いに「夫婦関係を修復したい」という気持ちがあるなら、冷静な気持ちを取り戻し、今一度立ち止まり再構築する方法を考えていきましょう。

1.「冷静に原因を考える」

お互いに愛し合って結婚したなのに夫婦でいることが辛くて、苦しさを感じる。もちもん離婚は避けたいけれど、心が離れかけている夫婦関係はどうすれば修復できるのでしょうか?
離婚したいと思って急いている人も、一度立ち止まり、そうなってしまった原因を考えてみましょう。

夫婦とちらかの浮気の場合もあれば、長年のストレスが積み重なり、喧嘩がきっかけで爆発してしまったという方。
もしくは性格や価値観が合わない、結婚した途端に優しかった性格が冷たくドライに変わってしまった、子育てに対する教育方針など方向性がまったく合わない、金銭感覚が違いすぎて預金ができない、など・・・
深く考えるほど相手の嫌な部分ばかり見えてしまいます、一度冷静になってその根本となる原因について夫婦で話し合うことが大切です。
しかし、この話し合いで感情的になってしまうと状況は悪化してしまいますので、平常心を保つよう心がけましょう。

2.互いが歩み寄る、そして理解していく

相手の意見が納得いかない部分もあるかもしれません、しかし、お互いを認め合うことが大切。一緒に暮らしていると、次第に相手の嫌なところが見えてしまい、夫婦関係がどんどん悪化してしまう夫婦は少なくありません。しかしその欠点は、相手のほんの一部に過ぎないこともあります。
嫌なところばかりが目についてしまって、いいところや好きになった部分を忘れていることも多いものです。
欠点が受け入れられないときは自分の中で許せないルールとなっていて、どうして許せないのか?自分をないがしろにされているように感じるからなのか?
「こうするべき」という思いが強すぎるせいなのか?そんな自分の許せない名面の部分を受け入れ許していく。
すると欠点を認めはじめることができ夫婦生活を見直して行くことに前向きになれます。

嫌なことは、誰しもそこから逃げ出したいと思うのは当然です、逃げたいからと無視、仮面夫婦、離婚を選ぶのではなく
まずは自分や相手を許し、認める努力をすること。
特に夫に対しては、認めて褒めてあげることで、自尊心や自己肯定感が上がり、夫婦関係がうまくいきはじめることも多いようです。

3、理想の夫婦とは、どんな夫婦ですか?

理想の夫婦を思い浮かべたとき、いつも笑いが絶えなくて、常に一緒に食事をしたり、買い物をしたり、同じベッドで眠り、時々愛の言葉を言われる。
そんな理想があるかもしれませんが理想が高すぎると今の夫婦関係にギャップを感じて夫婦が不仲だと思い込んでしまう人がいます。
夫婦関係はいろんな形があるので、こうでなければいけない!と思っていると苦しくなります。夫婦それぞれで価値観さえ共有できれば、色々な形があって良いものです。
自分自身が無理のない、疲れない楽な結婚生活に変えていきませんか?
常に一緒にいなくてもそれぞれで楽しめたり、喧嘩してしまっても意見が交換できたから良かったと前向きに捉えたり
今までと違う視点を持つことで今までとは違った夫婦の在り方を見直しができて相手の気持ちも変わってくるはずですよ。

一人ではどこから気持ちを変えていけばいいのかわからない方は
悩みをお聞きして解決します、お気軽にご相談ください。

一人で悩まないで今すぐご相談を

カウンセリングのお申込みはこちら

お問い合わせ

☎050-3577-8064

10時から20時まで 月曜休み 

※カウンセリング中は出られませんので
留守番にお名前とお電話番号のメッセージを残して頂けましたらこちらからご連絡させて頂きます。

LINEからお問い合わせ・ご予約も受付中!

友だち追加