ある日、家に帰ると真っ暗で誰もいない、何かがらんと静かで妻と子供の荷物も幕机には離婚届が置いてある。

信じられない、堂宇してこんなことになったのか訳が分からずパニックになりながらも、何か行動しようとしてしまうのですが、その行動が夫婦の溝を深くしてしまうことがあります。

妻が出ていったら、気をつけたいポイント

何度も妻に連絡する

すぐに妻に電話して事情を聞きたいのもわかりますが、1日に何度もかけるのはやめてください。
突然家を出た妻の多くは夫への不満、恨み、恐怖心を持っています、妻は電話に出ないことが多いです。
妻も家を出たばかりで冷静ではないので、しばらくはそっとしておいてあげましょう。

妻の実家に居所を聞く

妻が電話に出ないと、次に電話攻撃をするのが妻の実家です。
今の状況で妻の居所を聞いても、どうにもなりません。
妻の親は妻の味方です、もう二度と連絡するな!と言われたりするかもしれませんし益々溝が深まります。

妻の実家に行く

会って話せば戻ってきてくれる、謝ればなんとかなる、そんな気持ちから妻の実家に行っても
会えませんし、実家にいるのかもわかりません。

突然来る夫に恐怖を感じ警察を呼ばれることもあります。

今の状況に不安になってしまいますが、その気持ちを抑えて冷静になりましょう。

弁護士に相談に行く

どこに相談していいかわからないと弁護士に相談に行ってしまう方がいます。
そうなると法的な対応を勧められます。
離婚したくない人が法的対応をしてもあまりうまくいくケースはありません。

冷静さを取り戻すことが大切

出て行かれた夫、出て行った妻も相当な動揺や興奮があります。
そんな時期に会って話をしても良い方向には進みません。

まずは冷静になり妻からの連絡を待つことが大切。
自分を振り返り反省する部分や改善するところは何か考えるときです。

その後の対応については個別に詳しくアドバイスします。
お役に立ちますので、一度ご相談下さい。

夫婦関係修復の基礎知識TOPに戻る

一人で悩まないで今すぐご相談を

カウンセリングのお申込みはこちら

お問い合わせ

☎050-3577-8064

10時から20時まで 月曜休み 

※カウンセリング中は出られませんので
留守番にお名前とお電話番号のメッセージを残して頂けましたらこちらからご連絡させて頂きます。

LINEからお問い合わせ・ご予約も受付中!

友だち追加