夫婦が円満な関係でなくなった場合に行う夫婦円満調停(夫婦関係調整調停)とは、裁判所の調停手続きを利用して行う、夫婦関係を修復するための話し合いのことです

「調停までされたら離婚しかないの?」「調停で離婚させられる」と思われているかもしれませんが、すぐ離婚になるこということはないです。

円満な夫婦関係を回復するための話し合いです

改めて話し合うきっかけになります。夫婦二人では感情のもつれが邪魔して修復の話をしづらいけれど,お互いに話し合うつもりはある,修復を望む気持ちが残っているという夫婦ならば,調停の場を借りることにより修復の話が進むこともあるようです。

ただ実際には,円満調停では当事者の気持ちが変わりやすいといわれています。どちらかが離婚したい場合は,色々話をしていくうちに,修復が困難であるとわかり離婚の方向で話し合いが進むことも少なくないようです。

もし調停を申し立てられた場合は

「離婚したくない」という気持ちを強く持ち続けることと、調停員に好感を持たれるよう努力し味方につけることです。
調停員に離婚を進められても「したくない」とはっきり伝えること。

さらに妻として母として、信頼されることです。調停員に味方になってもらうには有効です。
子供のためにも、この妻がいないと子供が健全に育たないと思わせられると夫へやり直したほうがいいと伝えて夫婦関係を調整して頂けることもあるようです。

調停を控え不安な方はぜひココロハレルにご相談ください。一人で抱え込まないように一緒に乗り越えて行きましょう。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

夫婦関係修復の基礎知識TOPに戻る

一人で悩まないで今すぐご相談を

カウンセリングのお申込みはこちら

☎050-3577-8064

10時から20時まで 月曜休み 

※カウンセリング中は出られませんので
留守番にお名前とお電話番号のメッセージを残して頂けましたらこちらからご連絡させて頂きます。

LINEからお問い合わせ・ご予約も受付中!

友だち追加