喧嘩をして、こっちは「悪くないんだから謝りたくない」そんな気持ちから謝らない。
そんな怒りを抱えながら喧嘩モードがずっと続き、会話もなくなっていく、けれどいつも通りの家事育児はするけれど、ただ会話がなくなって、相手から謝るのを待っていたけど、待てど暮らせど相手は謝ろうともしない、そんな相手の態度に腹が立って、こっちも絶対謝らないんだから!と思うと、お互い仲直りする気がないので無視・冷戦状態になってしまいます。
そうなると自分から折れることもや努力することも簡単ではなくなりますし、時がたてば自然と会話ができるかもと思っていても難しいです、冷戦状態は時間がたつほど、夫婦関係を修復するのは難しくなっていきます。

相手に反省を求めても状況は変わらない

冷戦状態が苦しいなら、少しずつでも自分が変わる努力が必要です。今、冷戦状態で、相手に反省を求めても意味がないです。修復するには、あなたが自分の意識を変えていくこと。「なんで私が?」と不快に思うかもしれませんが、今のままでは相手は変わらずこの先何年も今の状態が続くか、最悪の場合離婚を切り出されてしまいます。
あなたから自分を変えるしかないのです。それに、喧嘩をして無視しあっているというのは夫から見て
あなたの態度が夫の気持ちを逆なでし続けていて、それが大きな不満として積み重なって今の冷戦状態につながっているのかもしれません。

まずは居心地が良い環境を作る

今までの自分の言動を振り返ってみるときです。夫にグチばかり言っていませんでしたか?夫に対し働くのは当たり前!なんで家事を進んで手伝わないの?と責めたり、周りやメディアの理想の夫像を自分の夫に求めて、あてはまっていないからと不満を持っていませんでしたか?結婚するときは夫を支えて温かい家庭を作ろうと決意していた気持ちはありますか?いつの間にか「私を幸せにしてよ」と相手に求めるばかりになっていませんか?
もし自分が夫なら自分と結婚していて幸せでしょうか?
客観的に自分の言動を振り返ってみると自分の言動が、夫の不満になっていたかもしれない心当たりがあったのならば
それをあなた自身が素直に認めて、受け入れ、改善していくこと。
そして、夫が家に帰ると居心地が良いと感じられるように、あなたの言動、態度を変えていくことです。

気持ちは必ず態度や言動に出てしまうもの

まず自分の身なりを変えましょう。夫婦になってしまうときれいでいる努力を怠ってしまいがち、自分の身なりに適当になってしまっているなら要注意です。夫の前では、リップだけでも塗って女性であることを怠らないようにする。会話も口をネガティブな発言が多いのなら、話題を変えて楽しい思い出や、今後の明るい未来の話題にする。
そして会話がないのなら、挨拶だけは声に出して伝えること「おかえりなさい」「いってらっしゃい」と
挨拶をできるようになってからが修復がスタートします。冷戦で固まった心の氷はすぐには溶けません。ゆっくり時間をかけて溶かす努力を続けていくこと。

自分では怒ってないと言っていても、気持ちは必ず態度ににじみ出てしまうもの。
とくに夫と妻は特別な関係で精神状態もつながっているので妻がピリピリしていると、夫は近寄りがたいと感じてしまうし
居心地が悪いので一緒にいたくない、家に帰りたくなくないと思ってしまうのです。

まずは自分自身の気持ちを落ち着かせることです。
それでもイライラしたり、不安になってしまい冷戦状態から抜け出せないときは
お気軽にご相談ください。

一人で悩まないで今すぐご相談を

カウンセリングのお申込みはこちら

お問い合わせ

☎050-3577-8064

10時から20時まで 月曜休み 

※カウンセリング中は出られませんので
留守番にお名前とお電話番号のメッセージを残して頂けましたらこちらからご連絡させて頂きます。

LINEからお問い合わせ・ご予約も受付中!

友だち追加