不幸な結婚、幸せな離婚

夫婦関係を修復して、心から笑いあえる夫婦になっていく
カウンセラー 小澤典子です。 

 

クライアントさんでカウンセリングを進める中で

離婚を決められた方がいました。

旦那さんとは話が通じない、子供に対する教育や価値観

今までたくさんの我慢して良い妻をしてきた。

離婚だけはしたくないと思って生きてきたけど

自分の気持ちが素直になっていく中で

別々の道を生きていくことが自分の望む幸せだと気づかれました。

今は離婚に向けて準備を進めています。

 

あなたはこの方にどんな感想を持ちますか?

 

この「感想」、人それぞれもちろん違うと思います。

そして「離婚」についてどう捉えているかで受け取り方も

違ってくるのではないかと思うのです。

 

例えば、「離婚=失敗」と捉えている方が読めば、

「いろいろ言ってるけど、結局失敗したってことじゃん」

と思うでしょうし

「離婚=したくないもの」と捉えていれば、

「この方は、可哀想…」と感じるかもしれないです。

 

「離婚=再スタート」なら

「第二の人生の始まりだね!」とエールを送りたくなったかもしれません。

 

で、何が言いたいのかというと、

「離婚」に対するイメージがあなた幸せを左右するよ!

ということです。

 

離婚を失敗、とかしちゃいけない、と考えている人は

無意識に離婚を避けようとします。

 

もちろん、離婚しなくて済むに越したことはないかもですが

自分や相手、もしくは双方にとって

離婚が最善である場合に

最善を選べなくなる可能性があります。

 

離婚しない方が幸せ、という間違った意識で生きちゃうってことです。

えっ?じゃあ正しい意識って何?

と思いますよね。

それは、

「わたしの幸せはどうすることなのか?」

ということです。

 

これ、「結婚」に対しても同じです。

「結婚することが幸せ」という

意識を持っている人がいるとしますよね。

 

その人は結婚していない自分を

幸せとは思い切れません。

 

どんなに幸せでも「何か足りない」と考えるはずです。

また、一生独身のアラフォー女性を見たら

「結婚してないなんて可哀想」と

無意識に捉えるでしょうね。

 

そして、幸せになるために結婚しなきゃ!と

頑張ることでしょう。

本来は「わたしの幸せは結婚することなのか?」

と自分に問うべきなのです。

 

 

夫婦再構築を考えるとき、どうにかして離婚を避けようと

する方は多いです。

 

もちろん、したくないですよね。

分かりますよー、分かります!

 

経済的、精神的、肉体的理由から

考えても不安は尽きないですから。

 

でもね、離婚に対する意識が

偏っていると「わたしの幸せ」が基準じゃなくなっちゃいます。

 

結婚にも離婚にも、

人それぞれのイメージがある。

このイメージはできる限り”フラット”な方が幸せになれます。

余談ですがわたし個人の見解は、

幸せな結婚をしてる人ほど、他人に結婚を勧めないです。

「結婚?してもしなくてもいいんじゃない?」

というスタンスです。

 

もちろん、一生独身の女性を見ても

可哀想だなんて微塵も感じないでしょう。

 

というか、今、わたしの周りにいる最高に素敵な仲間たちは

結婚してるのか、とか子どもがいるのか、とか

恋愛対象が異性か同性か、とか

本当にどうでもいいと思ってる人たちです。

 

その人が幸せなら、なんでもいいよね!という感覚です。

 

わたしは、幸せな結婚もあるし、不幸な結婚もあると思ってます。

幸せな離婚も不幸な離婚もある。

大切なのは、わたしたち自身が幸せか。

それだけです。

 

なので、カウンセリングでは

幸せな結婚を続けたい人にも

幸せな離婚をしたい人にも

おすすめなのです。

どっちを選んでも幸せ、ということが理解できれば、

心から安心して生きていけるから。

あなたの結婚観や離婚観について、ぜひ教えて欲しいな!

一人で悩まないで今すぐご相談を

カウンセリングのお申込みはこちら

お問い合わせ

☎050-3577-8064
 
10:00~20:00まで受付 月曜休み
 
※カウンセリング中は出られませんので
留守番にお名前とお電話番号のメッセージを残して頂けましたらこちらからご連絡させて頂きます。

友だち追加

LINEからお問い合わせ・ご予約もできます。
登録無料プレゼントは
【夫婦関係のストレスを手放す方法PDF】

LINEの IDはこちらです。

@igu6949f
 

夫源病・夫婦関係修復
夫婦関係のストレス・結婚生活の疲れ

名古屋 カウンセリング 女性専門
ココロハレル