怒らない子育てで失敗しました。

 

 

今小学生の子供が二人います。怒らない子育てがブームの時に私も怒らずに諭す方法で子育てしてきたらこんなことに・・・。 

 

 

と悩んでいたママの悩みをカウンセリングと魂のワークの感情解放を行い、

 

 

「良かった、この子育ては失敗じゃなかった」と心の悩みがなくなり、 

 

安心と笑顔を取り戻されました。本当に良かったですね、ずっと1人で男の子を二人も怒らないで子育てをされて、

 

 

とてもがんばってきましたよね。でも、なぜ今怒らない子育てで失敗だと悩んでいたのでしょうか。

 

 

お話を聞いたら友達を叩いたりしても「叩かれたら痛いよね?だからやめようね。」という感じで諭してきました。 

 

 

それは徹底してやってきました。周りのママたちからは甘い親だと思われたかもしれないけど、

 

 

子供には、しっかりとした物事を判断もできて自由に育ってほしくて感情的になって怒らないように、

 

 

きちんと、やっていいこと、悪いことを説明して育ててきました。

 

 

しかし、小学生になってからも、お友達を叩いたりしいて先生からも注意を受けてしまって、

 

 

子供に聞いても「何もしてないよ」とか「たまたまぶつかった」とか、

 

 

怒らないで諭す子育てだったのに嘘までつくようになってしまって、

 

 

私の子育てが間違っていたのでしょうか?感情的に怒っていたママ友のこどもは素直で勉強も進んでやるし、いい子に育ってます。

 

 

ママ友が子供に怒鳴ってるのを見たときは「そんなに怒っても、

 

 

子供は怒られてる訳が分からないし、将来言うこと聞かなくなるのに」なんて思っていたのにこの結果が悔しくて。

 

 

なぜこんな結果になったのでしょうか?今からできることはありますか?と、とても悩まれていました。

 

 

今までずっと怒りたい気持ちを押し殺して、子供を怒ったら、きちんと物事を判断できない、

 

 

言うこと聞かない子になると恐れて、絶対にそうなってはいけないという、

 

 

思いが逆にそうなる現実を引き寄せてしまったんですね。人間は望んでいることとは逆のものを引き寄せてしまうことがあります。

 

 

例えばお金がもっとあればいいなっと思うほど、なかなか収入は上がらないとかありますよね。

 

 

潜在意識はすごく嫌だと思うほど、それは大切なことだと思い嫌なことを引き寄せてしまうことがあります。

 

 

悩みを話されたママの子育ての方法は何も間違っていません、

 

 

ずっと諭す子育てをされてきて立派だと思うので、このままの子育てでも大丈夫とお伝えして、

 

 

ママの中にある「子育ての不安」という感情も魂のワークで潜在意識から解放しました。

 

 

カウンセリングを受けられる前はご自分を責めるばかりの言葉がたくさんありましたが、

 

 

カウンセリング後は「たまには大きな声で怒ってみようかな」など、自分の感情を出すことにも前向きになられていました。

 

 

子育てに前向きになれるカウンセリング1度受けるだけでも変わりますよ、

 

 

受け付けはこちらからから

050-3577-8064