ではなぜ悩む感情を消したいと思っているのですか?

 

 

 

「そんな感情があるあっても苦しいし」
 

 

 

「なんか頭が痛く感じるから」
 

 

 

「体がとっても重たく感じてしまうから」

 

 

 

確かにそうですね、悩む感情が心にあるだけでなんだか憂鬱になったり疲れがたまっているように感じたりしてしまいますよね。

 

 

 

あとは悩んでいるだけで、美味しいものを食べたとしても美味しく感じなかったり

 

 

 

綺麗な景色を見ても綺麗と思えなかったり

 

 

 

イライラする気持ちだって倍増してしまいますよね。

 

 

 

悩む気持ちは私たちの心と体にとても大きな影響を与えています。

 

 

 

例えばこのサプリメントを一粒飲めば悩みなんてスッキリして忘れてしまいますよ!

 

 

 

なんてサプリメントが発売されたらどうしますか?

 

 

 

皆さんとても欲しいと思うのではありませんか?

 

 

 

でも残念ながらまだそんな夢のようなサプリメントはありません。

 

 

 

サプリメントがなくて落ち込まなくても大丈夫ですよ、悩みを消すためにはどうしていいかをご説明していきます。

 

 

 

皆さんは苦労もせずにこんなことが手に入れられますよ、と言われたものを魅力的に感じますよね。

 

 

 

1日に3分だけ腹筋すればあなたのウエストはくびれます。

 

 

 

さらには、寝るだけで痩せていきます。

 

 

 

などというとても楽して何かできるものに魅力を感じますよね。

 

 

 

そしてそうやって楽して手に入れて
、結果はどんなものでしたか?

 

 

 

あまり良い結果は出なかったのではないでしょうか?

 

 

 

人は楽してできるというものを手に入れてしまうと、

 

 

 

ラクすぎるがゆえにがんばらない、効果があまり出なかったり、 

 

 

きたりしてしまうものなのです。

 

 

 

 

ですから、悩む感情を手放したいなら

 

 

 

ご自分の悩む感情をきちんと

「見てください」「感じてください」「わかってください」

 

 

 

こう書いてしまうとほとんどの人が「そんなのしたくないな」と拒否反応を示すと思います。

 

 

 

だけどもその悩みの感情に振り回されるのがここで終わらせれるなら
どうですか?

 

 

 

もうここで悩みの感情に悩まされなくて済むなら

 

 

 

少し勇気を出して自分の感情を確かめることができると思いますよ。

 

 

 

○いつからその悩みを感じているのか

 

 

 

○その悩みを思い浮かべるとどんな気分になるか

 

 

 

○その悩みになってしまった原因は何か

 

 

 

○その悩みはどうなったらうれしくなるのか?

 

 

 

など頭の中で考えるとぐるぐる同じような思いが駆け巡ってしまう場合がよくあります。

 

 

 

紙とペンを用意してくださいすぐそこに手が届くかと思います。

 

 

 

まず紙に悩みを一つ書いてみましょう

【これとても重要】

 

 

 

この時点であなたは今ペンを手に持っていますか?

 

 

 

これはペンをもつという行動することも大切なんですよ。

 

 

 

そして紙に悩みを書いていく。
 

 

 

今どんなことで悩んでいるのかを

 

 

 

紙に書いて「行動」
 

 

悩みを「知る」
 

 

どうしたいか「気付く」

 

 

 

 

そしてあなたは悩みを解決しようと行動もできるし 

 

 

悩みを知ることもでき 

 

 

 

これからどうしていきたいかも気付けるはずです。